ユニコーンガンダム!

お仕事にちょっと一区切りがつきました!
や、すぐまた別の仕事に取りかからないといけないのですが(・_・;

でもとりあえず一日くらいはちょっとお休みー、ということで……以前買っていたユニコーンガンダムを組み上げてしまいましたノシ


……半日かけてつくったので、へとへとになっちゃいましたが。てへー。

uni01


今回、真っ白な機体なので、赤色をバックに写真を撮ってみました。

実はいつも背景に使っているボードの裏が、赤になってるんですよ。
というか、本来はこっちが表だったり。100円ショップで白いボードが手に入らなくて、仕方なくこっちを買ったんですよね。あはは。


で、ユニコーンガンダムですが。
つくっていて、けっこう楽しいガンプラでした!

「ユニコーンモード」から「デストロイモード」にかわる変形ギミックが全身に盛り込まれているので、その仕組みがつくりながら理解できちゃうんですよね。
ただしそのぶん、普通のマスターグレードモデルより、つくるのに時間がかかるかもしれません。


uni07


まずはユニコーンモードからご紹介!

特徴的な一本角が、けっこう長いです。

uni06


後ろ姿はこんな感じですよ。

バックパック以外はほとんど白一色なので、キットに入っているデカールをぺたぺた貼っちゃうのもいいですね。栄えると思います。
私は面倒臭いので、素組みのままですけどね;


uni02


武装をごっそり装着すると、背面がこうなります。

バズーカの位置に、シールドやライフルをつけることもできますよ~。


uni03


銃器は手のひらの出っ張りとしっかり噛ませることで、がっちり持たせることができます。
ただし、肘や膝はポーズが付けにくいかな?
変形ギミックのせいか、手足の可動域がやや狭いんですよね。


uni04


ライフルのエネルギーパックは、ちゃんと着脱式ですよ。ひとつひとつ分解することもできます!
ユニコーンガンダムの武器は、どれもデザインが凝っていて、かっこいいです! ぺらぺらじゃないんですよね。

バズーカも、同じように弾倉が外せるようになってますよ。


uni05


特徴的な角ですが、開いて変形する都合上、どうしても隙間ができてしまいます。
なので……ユニコーンモードの見栄え重視用に、ギミックのない一本角も付属しています。頭部をちょっとばらせば、簡単に交換できますよ。



uni08


さて、では変形といきます!(*ノ▽ノ)

変形は、一応足や頭などを外して行うよう、説明書で書かれています。
外さなくてもがんばればできそうですが……けっこう大変なので、素直に外した方がよいかと。

また、頭部側面のパーツのみ、付け替えでの変形になります。
それさえ除けば、完全変形ですね! これは、設計者の人ががんばりましたよう。よく伝わってきます!



uni09


ガンダム顔の、デストロイモード!!

足がかなり長くなります。しかも股関節も引き出されてるんですよね。細かいギミックです。

武器は両腕のビームサーベル!
収納されていたパーツがくるりと展開して、前方に刃が向くようになります。
ビームサーベルはバックパックにもあるんですけどね。こっちは予備の扱いなのかしら?


uni10


本体だけでなく、シールドも変形しますよ。
赤いクリアーパーツがきれいですね。

今回、このクリアーパーツがふんだんに使われているのですが。普通のプラパーツより、ちょっと硬い気がしますね。割れたりしないよう、少し注意する必要があるかもしれません。


uni11


展開した角の内側は、シールでカラーが再現されます。
ここだけガンダムマーカーのイエローで、さっと塗ってみてもいいですね!





というわけで、ユニコーンガンダムでした!(*^▽^*)

精密な変形ギミックが楽しいですねえ。パーツひとつひとつのデザインも、かなり凝っていて驚かされますよ。
もうすぐゴールデンウィークなので、休みの日にのんびりつくってみてもいいと思います!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)