クラッチ不具合。

このシルバーウィークに一日だけ時間をつくり、ちょっとした長距離ドライブをしてきたのですが。

……渋滞にはまったせいか、RX-8のクラッチの踏み具合に、すごい異変が!!


症状としては「クラッチの遊びの距離が妙に長くなる」というものです。
踏み心地がですね、気持ち悪いぐらい頼りなくなるのですよー!

で、ちょっと調べてみたところ、

「ロータリーエンジンの特性上、熱がこもりやすく、クラッチホース内のオイルが沸騰する場合がある」
「沸騰した場合、いわゆるエアーが入った状態となり、クラッチの踏み具合がスカスカに」

というケースがあるようです。
なるほど、私の場合は渋滞のせいで車が長く停止して、エンジンを風で冷却することができなかったから症状が出たようですね。うーん。

また、シフトも急に固くなるという現象も起こりました。

こっちもたぶん、熱のせいで、金属パーツが一部膨張して干渉するようになったのかな?


とりあえず渋滞を抜けてしばし走ると、きちんと冷却できたのか、どの症状もおさまってくれました。やれやれ;

しかし渋滞にはまるという事態は、ままあることです。
どうにかならないかなーと、思ったところ……あら。

クラッチホースをゴムから金属のものに換えると、ある程度は防げるとか!

おー。ついにそのあたりに手を着けることになりますか……!

クラッチホースだけならそう高くはないのですが、この際ブレーキホースとかも一緒にやっちゃおうかしら。どのみち、そのあたりをいじることになるでしょうし……。

で、シフトの方も、なにやらパーツ交換で多少は改善するそうです。

ぬぬぬ、12月には点検なので……まとめてやってもらうのが吉でしょうか。
どのみち代車を出してもらうほどの、ちょっとした手術にはなるでしょうし。


しかしRX-8はいろんなパーツが出ているので、そういう意味では助かりますノシ

お金、かかりますけども~orz
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)