ご回答。

拍手コメントにて質問がありましたので、こちらにてきちんとお返事させていただきますね。

前作の、『竜棲学園の不適格輝士』シリーズですが……残念ながら今のところ、続刊が出せるほどの売り上げではない状態です。

応援してくださった皆さん、本当にすみません。
私も担当さんも、絵師さんもみんなが力を入れて取り組んでいた作品だったので、結果を出せずに本当に悔しい限りでした。

その前に出した『連鎖のカルネアデス』のときもそうでしたが、きちんといいものを作り込んだものの……結果が伴わないということが続き、正直頭を抱えたものです。

原因としては、

「発売して一週間でシリーズの動向が決まる」
「ライトノベルの新作が最近売れない。売れるのはすでに名前の売れた人の作品ばかり」
「もしくは、何かしらの広告戦略でタイトルが知られるようになったもの」

というのがあるようです。
中身を読んでもらって、それから勝負となると、どうしても分が悪いんですよね……。
だってまず、手にとってもらえなければもうそれでお終いなのでorz


『竜棲学園の不適格輝士』はそのあたり、より強化して取り組んだものの、書店さんでの売り上げで苦戦したようです。
同時期に新人賞の新作がぶつかったため、書店さんのプッシュが得られなかったのかな? などと個人的には実感しております。


ただ、二作連続でうまく波に乗せられなかったために、担当さんが私に「ちょっと切り替えていきましょう」とノベライズのお仕事を持ってきてくれました。

それが今書いている、『千年戦争アイギス 月下の花嫁』となります。


千年戦争アイギス 月下の花嫁 (ファミ通文庫)千年戦争アイギス 月下の花嫁 (ファミ通文庫)
(2014/11/29)
ひびき 遊

商品詳細を見る


こちらはゲームの人気もあり、あっという間に連続で重版がかかるというすごいことになりました!

おかげさまで無事に、二巻三巻と続けていくことができそうです。

できればこれをきっかけに、私のオリジナルである前作、前々作にも手を出していただけたら……続刊の可能性が出てくるかもしれません。
が、まあ作者買いする方は最近どうも希であるようなので;
こればかりは読者の皆さん次第だと思います。


とりあえず今は、せっかく一巻がきちんと売れてくれたノベライズ版アイギスを、大切に最後まで書き切るのが私の一番の仕事だと思っております。
続かなかった作品のぶんまで、しっかりと話を盛り上げていきますので、よろしくお願いいたします!!


というか正直な話、売れないのが続くと作家生命に関わりますので……ノベライズであってもこうして結果を出せたことに、私自身はほっとしておりますノシ
これがまた、新たなオリジナル作品にも繋がりますので……!



でも『竜棲学園の不適格輝士』は、あと一冊あればどうにか大どんでん返し含めて完結させられたので、今でも歯がゆい限りですね。
挿絵を描いてくださったメロントマリさんとお会いしたときに、二人で本当に悔しがったものです。

力及ばす、本当に申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト

Comment

No title

そうだったんですか、ご回答ありがとうございました。
連載形式の漫画違ってまず店頭で手にとってもらえるかどうかが
掛かりますから運もありますよね(同じタイミングで発売されるラノベの数が少なければその分有利ですし)

挿絵のメロントマリさんとお会いして悔しがったというのにはほっこりしました。いえ、悔しがったという部分ではなくてですね、小説家の先生とイラストレーターの先生は担当さんが間に入って顔合わせもしないということも多いでしょうから、直接お会いしてお互い作品を大事にされてたんだなと感銘を受けたのです。

>ルミトルさん

なかなかこちらも「今、売れてないんです!」とは声高に言えないので、すみませんー。
どうも近年は、ジワ売れ型の作品は出にくい構造になっているようです。
どうすればいいか、の正解はなかなかない感じですね……。

メロントマリさんはプロデビュー作になりましたから、本当に力を込めて作業をしていただきました。
そのため今、他社さんからも挿絵を手がける作品が出てきましたので、注目のお方だと思いますよ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)