やらなきゃいけないことはあるのですが。

とりあえず、漫画『TMFL』の土嚢システムを再現してしまいました……!(^▽^;)

mini4donou

たぶん、これで合ってるとは思うのですが。
中にはちっちゃいナットが入っていて、しゃかしゃか鳴りますよー。


ちなみにタミヤさんのレギュレーションでは、
「マスダンパー:取り付け位置は、前後ガイドローラーの中心軸を結んだ線より内側に、部品全体が収まるものとします。」
となっています。

http://www.tamiya.com/japan/cms/serviceregulation/410-regulation.html

この土嚢システムも、いわゆるマスダンパーの一種なので、その規定を満たす必要がありました。
となると、この位置にセッティングするしかないので、土嚢システムのカバーとなるホイールパーツをごりごり切断したのでした(>▽<;)

もちろん普通のネジで止めてあるのですが、既存の穴を使って固定することができます。
ホイールの切断以外だと、あとは土嚢システムの「底」を塞ぐ、カバーで苦労したくらいでしょうか。

いや、普通にプラバンで塞いでもよかったんでしたっけ?

たぶんミニ四駆のパーツなどを加工しないと違反になりそうだったので、余ったホイールを切り出して、うまくフタにしてやりました。


あとは、ちゃんとマスダンパーとして、
「ジャンプした着地時に、衝撃を吸収できるか」
といったところでしょうか;

こればかりは走らせてみないと、なんとも(・・;)


ただ私的には、普通のマスダンパーよりもすっきりとしたシルエットをしていますので、そこで満足しています。
あとはこれにくっつくカバーを用意するだけですね!

……それが問題なんですけれどorz

土嚢システムのせいで、左右も切ってやらないと、たぶんどのカバーもくっつかないぞ!?

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)