ノベライズ総括その3。

ガルパンノベライズ、最後の総括ですね。お待たせしました~。


■三巻
二巻のあとがきで「なにか面白いことをしようかと」と書いたように、実はこの時点で華、麻子視点で書くことは決めておりました!

しかしプロットはあっさり通ったものの……書くのは、すごくすごく大変でした。


というのも、華と麻子のキャラクターを、私の中で構築するのに手間取りまして……!

簡単にできるかな、と思っていたのですが。アニメどおりのキャラを、その内面まで把握するのは、単純ではないですよね(・・;)


また、華視点では戦車ゲームについて調べたりと、そういうところでも一苦労させられました。いえ、なるべく『WOT』っぽくしたかったんですよね。
まあでも、結局はストーリー優先なので、かなりオリジナリティが入ってしまいましたけれど;


それと、他の脇役たちの台詞も、一巻二巻で出ていないのを使おうと試みました。
ダージリン様が目立ちますが、歴女の面々や一年生の台詞を、脚本から全部洗い直したりしたんですよね。
まあそれが、最終巻でできる精一杯のことかしら、と~。


しかし思い出せば、ゲーマー三人のキャラがよくわからなくて、頭を抱えさせられたことも。
だってアニメ本編だと、ほとんどしゃべってませんからー!

まあ、でも出番が少ないので、どーにかなったのですけれども。あは、は。



苦労した度合いで言えば、麻子視点でのバレー部や自動車部の、キャラづくりの方が上でした!
こちら……ほんとに、誰がどんな性格なのか、わからないんですよううう!

アニメだと絵で差別化できますが、小説は文字だけですので……。
公式サイトにあるキャラ情報から、私が違和感のない範囲で、作り上げたんですけれど。みなさん、大丈夫でしたか?

本当はアニメ打ち上げのとき、声をあてていた声優さんに、
「どんなキャラづくりしていますか?」
と訊くのが一番だったのですが……む、無理です! さすがにできませんでした!(ノ◇≦。)



一方、一度書き上げたままほとんど手を入れなかった、沙織ちゃん視点の決勝戦ですが。

これには実は、意図があります。


……今回、無理矢理に、華と麻子視点の物語を挟み込むこととなりました。
これについては、
「よかった! アニメにない話が補完できて!」
という人と、
「こんなのいらない! アニメの話だけでいい!」
という人の二種類出ることが予想されました。


ですから、後者の方には……二巻から、すぐ三巻の決勝戦だけを読んでもらえば、もともとの二巻そのままを味わえるようになっております!

そうすると、印象が少し違うかもしれませんね。どうでしょうか?



ガールズ&パンツァー3 (MF文庫J)ガールズ&パンツァー3 (MF文庫J)
(2013/06/22)
ひびき遊

商品詳細を見る



まあ、そんな楽しみ方をする人は、あまりいないでしょうけれど;

とにかくいろんな意味で、三巻はイレギュラーでした。
ですが、きちんと全力を尽くして、最後までガルパン愛を注ぎ込めたと思っております!ノシ


本当は、新作OVAや劇場版にも関われればよかったのですが……いろいろ事情がありまして、私の仕事はここまでとなりました。
大変でしたが、きちんとプロの仕事はできたかな、と自負しております。


最終巻までおつきあいいただいたみなさん、ありがとうございました!!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)