突然すぎる訃報。

もうツイッターなどに情報が出ているようなので、こちらにも書き込ませていただきます。

25日の夜、『ポリフォニカブラック』などで活躍されていた、作家の大迫純一先生がお亡くなりになられました。
あまりにも突然で……私自身、呆然としてしまいます。


まだ心の整理もついていません。つくわけがありません。


大迫先生と私の関係ですが、某専門学校時代の、講師と教え子というところから始まっています。
以来、私がデビューしてからも、共通の玩具趣味を通して、公私ともにずいぶん親しくしていただきました。

よくお会いして、馬鹿みたいな話で盛り上がったものです。
また私が落ち込んだときは、
「話だけならきいてやるぜ?」
と、真っ先に男気のあふれたメールを送ってくれたことも、何度かありました。

そのときにはきまって私は、
「大丈夫です。そのお気持ちだけで、がんばれます!」
と、すでに十分すぎるものを受け取って、返信したものです。


昨年末に体調を崩されてから、なかなか本調子にまで回復されないのは知っていました。心配もしていました。
けれども……本当に、きっとご本人も、こんなに急なことになるとは、予想もしていなかったと思います。


実は、今私の手元には、『SIC関東十一鬼~揃う精鋭~』という玩具があります。
http://p-bandai.jp/tamashiiwebshouten/item-1000004040/

これは、ご病気で入院されていた時期に、
「予約期間中に注文できないから、かわりに抑えておいてくれい」
と、大迫先生に頼まれたものです。

退院されて、荷物がこちらに届いてからすぐに、代金は銀行振り込みにていただいたのですが。

「引き渡しについては、そのうち考えらあ」
と、おっしゃっておられました。


今考えてみると……大迫先生のことですから。元気に復帰した暁に、私と馬鹿話をしながら、直接受け取るつもりだったのかもしれません。
お通夜とお葬式は親族のみで、という形ですので、残念ながら未だにお渡しすることができずにいます。

ただただ、残念でなりません。


■ゾアハンター・公認FANサイト
http://www32.ocn.ne.jp/~mikageke/zoa/

■ゾアハンター/大迫外伝
http://blog.livedoor.jp/zoahunter/


公認ファンサイトでは、掲示板にて最近まで先生が書き込みをされていました。
腕時計を買い換えたこと、スカジャンを衝動買いしたことなど、回復されてきた様子をうかがい知ることができます。

また大迫外伝のブログでは、きちんと生存報告まで。
それが今は、哀しすぎます。



http://hijitsuzai.web.fc2.com/

おそらく、上記リンク先の、『非実在青少年<規制反対>読本』に寄稿された文章が、最後になるのではないかと。

……たまたま私も関わることになったこの本で、ご一緒できたのが、最初で最後になるなんて、信じたくありません。
章タイトルにある、
「見て、聴いて、考えよ」
という言葉は、実に大迫先生らしい文言です。

私も、ちゃんと読ませていただこうと思います。



それにしても、大迫先生からはいろんなものをいただくばかりで、ついには恩をお返しすることができませんでした。
それがものすごく悔しくて、辛いです。
今の私があるのは、大迫先生の影響が大きいです。

常々おっしゃっておられたのは、
『売れないことは恥ではない。書かないことが恥なのだ』
という言葉でした。

作家は、書き続けていくからこそ作家なのだ、と。
その気持ちを、私はきちんと受け取らせていただきました。これからも、大迫先生に笑われないよう、がんばって書き続けていこうと思います。


まとまりのない文章ですみません。
本当に誰にとっても急な話で、残念です。残念すぎます。

もう、それだけです。
本当に、私にとって大切な、尊敬する師の一人でした。
直接お会いできる、私の「ヒーロー」でした。


もうご冥福をお祈りすることしかできないなんて、信じられません。


しばらく落ち着くまで、時間がかかりそうです。ブログの方も少しストップするとは思いますが、申し訳ありません。
また、楽しいことが書けるようになってから、改めて書かせていただきますm(_ _)m



非実在青少年〈規制反対〉読本

こんな形でお知らせするのもなんですが、『非実在青少年<規制反対>読本』とタイトルが微妙に変わって、発売日も6月4日と正式に決まりました。
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)