「MGVガンダムを完全変形に!」後編。

さてさて、では『マスターグレードVガンダム』のつづきです!


mgv15

キットにはコアファイターが、なんと二つもついてきます。
それは頭部が「Vガンダム」のと、「Vガンダムヘキサ」のものを用意しているからです。このあたり、よくわかってますね!

で、私は個人的にヘキサの方が好きなので、そっちを合体させちゃいます!
ちなみに着陸脚を模した、透明スタンドも二つ付属します。意外と、かちっとくっつきますよー。


mgv16

ヘキサヘッドを変形させると、こんな感じに~。

……実は、Vガンダムの頭部は、アンテナが変形時に指などに引っかかって怖いのです;
いえ、軟質パーツのアンテナも付属してるので、そっちを使えば折れることはまずないのですが。

でもその軟質パーツのアンテナで、何度か「やばい!」と思ったときがあったので……ヘキサ頭部の方が、単純に壊しにくいと思いますよ。

それにしてもほんと、コンパクトに変形してくれますねえー。



mgv17

で、トップ・リムも変形させて。

mgv18

ボトム・リムも変形させ、これで準備完了!


mgv19

三つを合体させると、Vガンダム(ヘキサ)の完成となります! わーい(*^▽^*)

すらっと伸びた長い足がきれいですねえ。


mgv20

さてさて。ギミックの紹介をば。
前腕部のハッチが開き、中からビームサーベルの柄が取り出せるようになってますよ!

設定だと、ここに二本入るようですが。さすがにそれは無理だったようです。
でも、すごい!(*'o'*)


mgv21

ビームシールドももちろん再現。
薄いPET素材でできていますので、重さで腕が下がるようなことはありません。


mgv22

ビームサーベルとシールドを構えると、こんな感じ。

……ここ、手首を改造したためか、実はサーベルが持ちにくくなってます。穴が大きすぎて、単に引っかけてるだけの状態に!
銃を持つ穴と、サイズが合わないですから……。これはもう、仕方ないです。


mgv23

ビームサーベルの形状は、二種類付属してますよ。
扇形のものはひとつだけですけどー。両手持ちできるのは、通常のものだけになります。


mgv24

そしてもちろん、ビームライフルも持てます。

こうして見ると、手首がかなり小さいです。でも設定上は本来、このサイズで合ってるはずなんですよ。そもそも変形するためには、どうしても小さくなりますし。



mgv25

というわけで、MGVガンダム完全変形版でした!

……コックピットが引き出せるのに、うっかり写真を撮り忘れちゃいました。あちゃー( ̄△ ̄;)
しかし、そういった機構も含めて、この小さなサイズで「よくぞ再現した!」というデキになっております。
つくってみて、バンダイさんの最新技術にぜひ触れて欲しいですね!


ただし、ベタ褒めできるかというと、そうでもないキットだと思いました。
設計だけで精一杯、といいますか。まだまだ詰めの甘さが見られます。

『マスターグレードZガンダム』のバージョン2のように、変形のしやすさまで考慮した造りになってないんですよね。
強度的にも問題箇所が多く、実際私は肩の付け根部分を、変形させようとして割ってしまいました。接着してなんとか直しましたけれど……。

また、足の付け根のジョイントが、外れやすくて。こちらはティッシュの切れ端を噛ますことで、抜けないようにしてあります。


こういった問題部分は、サイズによるものが大きいのかもしれません。
もし1/60が出れば、全て解決するような気はします。Vガンダムはもともと、小型モビルスーツですし!


mgv26

その1/60サイズのVガンダムが、いつ出せるようになるのかはわかりませんが。
しかし……それでも次に新規で出るときは、このキットの問題点が全て払拭されてるだろうな、と思わせるだけの完成度です!



細かいパーツが多くて、ちょっとつくるのが大変ですけれど、Vガンダム好きにはたまらないキットでした!ノシ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)