「孤独のグルメ」ツアーその3!

上京三日目です。
三泊四日してきたので、ここが折り返し地点ですね。「孤独のグルメ」ツアー、まだまだいきますよ!


この日は例の、専門学校での説明会がありました。
ただし顔出しするのは午後二時くらいからだったんですよね。


で、ホテルのチェックアウトの時間は、朝の十時だったわけです。

説明会が始まる三十分前には学校に行かねばならないのですが、そう考えても三時間以上は余裕があります。
なので……ここは朝ご飯とお昼ご飯を、「孤独のグルメ」探訪に当てようかと!



そういうわけで足を運んだのは、JR池袋駅側の、西武デパートでした!

「孤独のグルメ」第十六話、「池袋デパート屋上のさぬきうどん」を、朝ご飯に食べようと思ったのです(^0^)/


kodo16


西武デパートの屋上に、朝一でやってきてしまいました。
いやー、さすがに暑いです;

劇中では冬だったのですが、そこんとこは仕方がありません。
時間帯が十一時前だったので、かなり空いていましたね。


そしてお目当ての、うどん屋さんを発見!

kodo17


ああ……ほんとに漫画そっくりです!!

注文したのはもちろん、漫画の「月見おろしうどん」!



kodo18


名称は単に「おろしうどん」として出ていますが、普通に卵もついてきますよ~。

一味は少し控えめにしてみましたが……もっと入れてもよかったですね!
というのも、つゆがちょっと薄味なのです。軽く塩味がついている程度。

でもたっぷりの大根おろしに生卵を混ぜると、黄身がいい感じにコクを与えてくれるんですよね。
「卵とおろしの効果っていうのがイマイチ分からないけれど、うまいよな」
という感想がまさにぴったり!

また、うどんの麺自体は手打ち風で、確かに角がしっかり立っています。するするっとお腹の中に入っちゃいますね!


kodo08


ここでは青空がおかずです。


kodo12


ごちそうさまでした(≧▽≦)




……がさごそ。


kodo15


そして直後に、こんなものを取り出してくる私。

ウフフ。そうです。お昼ご飯の時間です。
西武デパート地下で購入した、崎陽軒のシウマイ弁当ですよ!


……朝食の二分後に昼食をとるという、このナニモノ感!!
完全に不審人物です。ははは。
いや、これも「孤独のグルメ」に登場する代物なのです!


といっても第六話「ひかり55号のシュウマイ」で登場するのは、ジェットと呼ばれるものでした。紐を引っ張るとあたたまる、シウマイのみのお弁当(?)です。

劇中では龍養軒のジェット、となっているそれは、残念ながら現在取り扱っていないそうです。
http://www.kiyoken.com/pressrelease/20040311_2.html

なので、ここはゴローちゃんの同僚が勧めていたシウマイ弁当を食べることに。


漫画だと東京駅の大丸デパート地下で買っているんですけどね。ちょっと東京駅まで足を伸ばす余裕がなかったので、池袋の崎陽軒さんで手に入れたのです。



kodo14


ゴローちゃんが食べ損ねた干しアンズも入っていますよ♪
干しアンズはしゃくしゃくとした歯触りで、ほんのりとした甘さがあり、箸休めにはぴったりでした。
シウマイもしっかりとした味で、冷めていてもやわらかくておいしいんですよね。

また、筍煮がたっぷり入っているのですが、辛子をつけるといくらでも食べられますね!




kodo13


というわけで、こちらも完食です!(゚▽゚)


ご飯粒は、こびりついてしまって、どうしてもとれなかったので断念orz
すみませぬ~。



その後、漫画と同様に、デパートの屋上をうろついてみました。

kodo10


kodo09


ゴローちゃんの立ち寄った、サボテン売り場を発見!
お腹が満たされた私は、しばしサボテン観賞に浸ったのでした。

けっこうゆったりとした時間を過ごしましたよ?


それにしても、おろしうどんは350円で食べられます。安くておいしくて、とっても満足しましたよノシ






……けれどもこの後、専門学校の説明会を終えてから、あることに気付く私。
しまった。漫画ではうどんを食べた後、売店でフランクフルトソーセージを買って食べるんだった!

って、お弁当まで食べてしまった私には無理ですってば(・_・;


つづく!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うどんうどん(饂飩)とは、日本旧来の麺類のうち、小麦粉を原料とし、ある程度の太さ、幅を持った麺を指す。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL