続・グリムロック!

それでは、グリムロックの続きでーす!



トランスフォーム!

mpg-17

ご覧の通り。昔ながらの体型の、恐竜モードになっちゃいます(^∇^)
これでこそグリムロックですねえ~。


トランスフォーマーは、ロボモードで活躍するのが普通なのですが。ことグリムロックについては、恐竜モードでの活躍シーンが多かったと記憶しています。
噛みつき攻撃とか尻尾攻撃とか、いろいろ多彩でした!


mpg-18

ちなみにロボモードと同じく、目の色を赤と青のどちらかで選ぶことができます。
このようにぱかっと頭部を開くことで、切り替えられるんですよね。


mpg-19

噛みつき攻撃を再現できるように、口はもちろん開閉しますよ。
また、口の付け根が実はボタンになっていまして。ここを押すことで、口を閉じることが可能です!

銀メッキの鋭い歯がかっこいいですねえ~。



mpg-20

また、尻尾を左右に動かすと、連動して首が動くギミックが!
けっこうぐりぐり首を振ってくれますよーノシ

それと両足をぐっと押しつけると、頭が上を向くギミックも仕込まれています。
うーん、盛りだくさんです!



mpg-21

内蔵ギミック以外にも、劇中のシーンを再現するアイテムもついてますよ。

写真は「私、グリムロック」の、天才になったグリムロックのワンシーン用アイテムです!
マニアックですねえ;


mpg-22

そして、もっとマニアックなアイテムとして……エプロンにネクタイといったセットが!(゚ー゚*)


mpg-23

キターーーーーーーーーーーーーーー!!

グリムロックの、ウエイターモードです☆
ちゃんとお盆とグラスもついてますよ?


mpg-24

恐竜モード時の腕は、爪が三本とも動くという細かい造りになっているのですが、手首に回転軸が設けられていません。
お盆の裏にあるジョイントとくっつけるためには、実は腕を肩からぐるっと回転させ、手の裏にある穴を上に向ける必要があります。
ちょっと面倒?

でもジョイントのおかげで、片手でもお盆をしっかり持てますよー。


ああ、それにしてもエプロン姿がキュートですね!



mpg-25

エプロンはマジックテープで取り付けられる、簡単仕様です。

このエプロン、どうもトランスフォーマーの工場ではノウハウがなかったために、タカラトミーさんの「リカちゃん」の工場で製造されたという話です。
やー、わざわざすごいことです!


それにしてもグリムロック、背中姿も存在感ありますね!



mpg-26

そういえばグリムロックの背中には、このように、変形にはまったく関係のないギミックが仕込まれています。開いている箇所がわかるかしら?

どうやらこれは、トランスフォーマー以前の、グリムロックが「ダイアクロン」シリーズとして発売されていた時代の産物のようです。


ダイアクロンというアイテムは、変形メカに小さな人形がついたものでした。
その人形を載せる部分として、背中にシートができるようになってたんですよね。

……そこまで再現するなんて。
マスターピース版グリムロック、こだわりの商品です!(*^▽^*)



mpg-27

ところで、こだわりと言えば。
ロボモードでは出ていた胸部のサイバトロンマークが、恐竜モードでは消えてしまいます!

単純なギミックなんですけど、ほんと、細かいところまでがんばってますねえ。



mpg-28

首が真上まで向きますので、今時の恐竜の立ち方も、もちろんできますよ?
メッキの尻尾がちょっと曲がったままですけどー。



トランスフォーマー マスターピース MP-8 グリムロックトランスフォーマー マスターピース MP-8 グリムロック
(2009/03/28)
不明

商品詳細を見る


というわけで、マスターピース版グリムロックでした!

変形はそれほど難しくなく、ついつい何度も変形させてしまう楽しさがあります。
それでいて飾っておくだけで満足できる、愛らしさがあります。それこそグリムロックのキャラクター性でしょうか?




mpg-29

マスターピース版グリムロック、私はイチオシしておきます。

作り手の愛が感じられる、ほんとにいいアイテムですよ~!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)