ウォッチメン。

現在公開中の映画『ウォッチメン』を観てきましたよ!(*^-^)

http://www.watchmenmovie.co.uk/intl/jp/


二時間五十分の大作でした!
いわゆるアメリカンヒーローのお話なのですが。近年公開された『スパイダーマン』や『アイアンマン』といった正統派ではなく……「一般人がコスプレをして、ヒーローとして戦っている世界」というのを描いた作品となっています。

まあ中には、本当の超人も混じっているのですが。




映画の見所といえば、ガツンと繰り広げられる、生身の格闘シーンでしょうか!
リアルで痛そう、なんですようー。生々しいのです!

全編にわたり、いろいろバイオレンスですので、そういうのが好きな人でないとびっくりするかもしれません。
特に……突然起きた「ヒーロー殺し」の調査をし、物語の核心に迫っていく『顔のない男』ロールシャッハが超危険です。

だって、
「訊きたいことがある」
とか言いながら、その前に相手の指をへし折ってしまうのです!Σ(・・;)


か、かっこよすぎる……!



さすがR-15指定の映画です!
セックスシーンもありますし、全身が青く光る、『真の超人』DR.マンハッタンなどは常に全裸ですし。

……なんと言いますか、そのう。
DR.マンハッタンの、ヴィジュアルはインパクトありすぎますよう。

だって、ずっと画面の中で、大事なところがブラブラしてますし!!( ̄Д ̄;)



いろんな意味で、子供には観せられない映画でしたー。はは、は。




WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)WATCHMEN ウォッチメン(ケース付) (SHO-PRO BOOKS)
(2009/02/28)
アラン・ムーア(作)/デイブ・ギボンズ(画)

商品詳細を見る


しかし私は大人ですので、つい日本語訳された原作コミックも買ってしまいましたよう。


いえ、映画のストーリー構造がちょっと気になりまして。
もう一回、原作コミックで読んで、「原作ではどう処理されてるのかな?」と再確認してみたかったんですよね。


そうしたら……。


ああ、すごい。映画が、本当に忠実に、原作を再現していることがわかりました!!



なるほど。映画を観ただけでは腑に落ちなかった展開があったのですが、全て原作どおりにトレースしていたわけです!
これは、原作ファンにはたまらない映画でしょうねえ。

また、原作では語られなかった部分まで、映画ではきちんと保管しています!




そして、やはり。
DR.マンハッタンのフリーダム感は、健在です。ブラブラしてますよ……!






↑いろんなところでリンクが貼られている、「土曜の朝にウォッチメンがあったら~」というアニメーションです。


原作か映画を観た後でこのアニメを観ると、いろいろ笑わされます。
犬と戯れるロールシャッハとか。ビルから落ちかけたコメディアンを助ける、オジマンディアスとかー。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)