注意が必要な玩具?

先日紹介したアイアンハイドと一緒に、ガルバトロンさまも買いました。

トランスフォーマー 変形! ヘンケイ! トランスフォーマー D-07 ガルバトロントランスフォーマー 変形! ヘンケイ! トランスフォーマー D-07 ガルバトロン
(2008/11/21)
不明

商品詳細を見る



ですが……ちょっとこれ、トランスフォーマー玩具初心者には扱いづらいアイテムとなっています。

なので、そのあたりも含めて、今回はレビューしてみようかと(^_^;)



garuba01

まずはメッキが美しい、ビークルモードです。戦車ですね!

パーツの隙間もなく、きちんとしていますよ。



で、さっそくトランスフォーム! なわけですが……。

garuba02

garuba03


最初に砲塔部分のパーツを引き出すのですが、固くて固くて! 微動だにしませんorz
説明書では「メッキ部分のパーツを左右に開き、砲塔を上に」とあるのですが……まず、左右に開けないんですよね。

また、そもそも開くような構造になっていません;
ネジを外して内部を確認してみましたよう。


どうもこれは、プラスチックの柔軟性のみに頼っているようです。
ですが、パーツに施されたメッキ分の塗装の厚みが、固さを増しているっぽいですね。

もともとは海外版のアイテムで、メッキなしの状態で設計されたものですから。ちょっとしたことで、固くなってしまうようです。



garuba07

なので、砲塔をせめて引き出しやすいように。

garuba08

内側にあるロック用のでっぱりを、ニッパーでそぎ落としてやりました。
つまり「メッキパーツで十分固定されてるから、砲塔のロックはナシでいいや」ということです。

これでずいぶん、引き出しやすくなりましたよ! やれやれ~。
要改造ポイント、その1ですね(^▽^;)



garuba04

そして、ロボットモードへ!ノシ

なかなかにかっこいいですよ? 両足は揃えられずに八の字にしかならないのですが。でも足が長くて、サマになっているかと。




ところで。

garuba06

砲塔のついた右腕の付け根ですが。
……ここが今回、一番やっかいな部分です!

折りたたむようになっているのに、それがどうしてもできません!
黒いパーツのヒンジ部分に、ギアのような山があり、それが思い切り邪魔になるんですよね。


これはどうも、日本版にした際に、素材を変更したことが原因のようです。
より固い素材にしたのかな? 山ががっちりと食い込んで、動かなくなるんですよね。


そこで思い切って、ニッパーやヤスリで山を全部落としてやりました!
そうすることで、きちんと変形できるようになりましたよー。
要改造ポイントその2、ですね!


ちなみに山を全部削っても、変形には支障ありません。別にロック機構がありますので~。




garuba05

それさえできれば、満足して遊べるアイテムになります。
スタイルもいいし、戦車自体の形もかっこいいし、よくできてるんですよね。


しかし左肩の「隠し爪」パーツは、いったいなんなんでしょう。うーん、謎です。




garuba09

また、「隠し足」ギミックがあり、こんな感じにも変形します。四つ足モード?

これは説明書には載っていません。でも、旧玩具のビーム砲形態を再現しようとしたのかしら?


トランスフォーマー 復刻版 新破壊大帝ガルバトロントランスフォーマー 復刻版 新破壊大帝ガルバトロン
()
不明

商品詳細を見る



いろいろがんばってるのはわかるんですよね。


ただ、上記のように手を入れることが前提になっちゃいますので……改造(たいしたものではないですが)する技量がない人は、スルーするのが無難だと思います。
ほんと、残念です。

……なんにも知らない子供が手に取ると、まず変形させられずに、泣くことになると思います(/_<)

要改造箇所は、個体差なのかもしれません。
でもネット上で同じように、いくつか指摘が上がっていますので、無視はできないかと。




改造さえしてしまえば、普通に楽しめる玩具になりますよ!

ひとつ二千円くらいなので、失敗を恐れずに、思い切って改造してみてくださいね!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)