壁を走る!?

ついにここまで玩具は進歩したか……というものを、衝動買いしちゃいました。


エアロスパイダー 04ブラックエアロスパイダー 04ブラック
(2008/10/31)
不明

商品詳細を見る



なんと、壁を走るラジコン、「エアロスパイダー」です!!Σ(* ̄□ ̄*)


全四種類のカラーのうち、渋いブラックを買ってみました!

as01



コントローラーと本体のセットですよ。

この本体が……びっくりするほど軽くつくられています!
どれくらい軽いかというと、携帯電話よりも軽いのです。と書けば、多少伝わるでしょうか?



as02

そしてこのように、垂直に立てた面に、ぴったりと貼り付きます!
わ、わかるかな?


http://www.takaratomy.co.jp/products/aerospider/macaron/index.html

↑公式サイトには、壁を走る動画がアップされていますので、興味のある方はぜひご覧ください。


これはほんと、すごいですよ!!(´▽`)/



as03

車体の裏側はこんな感じになっていて、「壁走行モード」にすると、掃除機のようにものすごい音で空気を吸い込みます。
その吸い込みによって、壁にくっつくんですよね。


走行は、吸い込み口の左右に設けられた、二つの車輪が動くことでこなします。

車のタイヤは完全にダミーですね!



as04

横から。
吸い込んだ空気が吹き出す穴が、空けられています。


as05

車体後部には、スイッチが。

壁走行モードと、通常走行モードの二種類が選べます。


通常走行時は、空気を吸い込みません。こうすることで普通のラジコンとしても使えるようになっています。
省エネですね!


また、コントローラーからの信号は、車体上部の受光部でキャッチするようです。
アンテナ式でないのは、重量を減らすためと、落ちたときの破損防止のためでしょうか?



as06

車体スイッチの隣にある接続部に、コントローラーからのコードを繋ぐことで、充電します!



as07

そのため、コントローラーには単三電池が六本も必要です。
ずしりと重いですよ~。ふう。



as08

コントローラーもアンテナ式ではありません。
赤い部分に、赤外線の発信装置が詰められています。これを車体側に向けて、信号を送るわけです。

だから角度がずれちゃうと、うまく受信してくれない場合があります。

壁に貼り付かせている限りは、そういうことはあまりないんですけどね?




やー、でもほんと、こんなのが発売される時代になったなんて! エアロスパイダー、脅威のラジコンですよ!(*^▽^*)

ざらざらした壁では走れないんですが、普通のラジコンとしても室内なら存分に遊べますし、必要十分なアイテムなのではないでしょうか!
オススメしておきますね~ノシ
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)