SF大会終了しました。

岸和田市で行われたDAICON7、無事終わりました。
参加されたみなさん、お疲れ様でした~m(_ _)m


24日に行われた『ライトノベル大喜利』も、無事に盛り上がってくれました。
開始前から行列ができていて、
「なんの冗談!?」
とか思っちゃいましたが。はははー。


とりあえずちまちまと箇条書きで、SF大会の感想でも~。





■物販ブース
馬場さんが「ばばたく屋」として、ブースを借りていてくれました。

なので、そこに馬場さんの『真田十勇姫』と私の『メタルうぃっち~』を置き、さらに日本酒も販売しました。
日本酒はなんと「真田十勇姫」のラベル入り!


一日目は所用があり、私はお手伝いできなかったのですが。
かわりに二日目は、ほとんど売り子をやっておりました。本はあまり売れませんでしたねえ。

特殊な場だったので、もっとマニアックな「ここでしか買えないもの」を売った方がよかったのかもしれません。
二日目は八薙玉造さんの同人誌『バンニュード』も置いたんですけどねえ。


ところで途中で、お世話になっている某Hさんに見つかって、
「作者なのに、なんであなたが売り子してるよのw」
と、ちょっと笑われてしまいました。

朝から……朝からずっとやってましたがナニカ!( ^皿^)




おかげであまり企画を見れなかったりしたのですが、でも、いいこともありましたよ?

人の少ない午前中に、ぼーっとブースに座っていたんです。
そうしたら目の前をふらっと、ある人が通りかかりました。

参加者はそれぞれ、首からネームプレートをぶら下げています。
そこに書かれていたのは、なんと、「長谷川裕一」……。


きゃー! あの、長谷川裕一先生!?



き、き、き、気絶するかと思いました!!Σ(゚◇゚ ;)

実は……私、長谷川先生の大ファンなんですよう~。漫画、手に入るものはほとんど持ってますよ!
「ダイ・ソード」なんか、初期の単行本(二巻でストップ)まで買いましたし、もちろん大判で全七巻、そろえちゃいましたようー。

轟世剣ダイ・ソード (1) (講談社漫画文庫)轟世剣ダイ・ソード (1) (講談社漫画文庫)
(2003/11)
長谷川 裕一

商品詳細を見る



というか、あまり人のネームプレートは気にせず、大会に参加していたのですが。
そのときたまたま吸い付けられるように、プレートに目がいったのです。

あまりのことに驚きすぎて、あたふたしながらご挨拶して、ついでにブースにあった自分の本を自腹切って、お渡ししてしまいました。
うわあ。ミーハー丸出しですね、私;

直接お話ができて、昇天するかと思いましたよう!


長谷川先生、お会いできて本当に光栄でした!!



今回、もうこれだけで、参加した甲斐があったというものですよ!





■ロトンダ広場
一方、大会の会場外にあるショッピングモールでも、ゲスト参加者の関連本が販売されておりました。

カンカンベイサイドモール三階にて営業なさっている、「パルネット」さんの協力のおかげでした。
http://www.kishiwada-cancan.gr.jp/shopguide/east_3f/01.html


一日目の設営中のお忙しいときにお邪魔して、私は自作のPOPを手渡してきました。
パルネット岸和田店さん、どうもありがとうございました!


おかげで、メタうぃもそこそこ売れてくれたようです。
二日目の最後に見に行ったら、一巻と二巻がそれぞれ一冊ずつ残っているだけでした。うわーい!

……何冊仕入れられたかは、わからないのですがー。いやはや。

んでも物販ブースが散々だったので、本当に嬉しかったです!


一応、SFだったのがよかったのかしら?
ほんとに、「一応」でしかないのですが。どきどき。






■大喜利
で、大喜利の話です。

……入場者の列が長くて、参加者であるみんなで、
「ライトノベル、おー!」
とか拳を上げたり、よくわからないくらいにテンパっておりましたorz


やーでも、なんとかなってほんとによかった!

司会の中原さんの、きちんとした進行のおかげですね。


http://tamazo.blog.shinobi.jp/Entry/235/
↑当日の様子は、八薙さんの日記にも詳しく書かれています。

http://babataku.blog.shinobi.jp/Entry/170/
↑こちらは馬場さんの日記です。ブースの写真が載っていますね。



しかし、お客さんの中には、さりげなく同業者の方も混じっておられたようです。
が……当日、物販ブースとの兼ね合いでばたばたしており、ご挨拶できるタイミングを逸してしまいました。残念無念です。

というか、そんな余裕はまったくなかったですよ。あは、は、は……。


でも、お客さんが楽しく笑ってくれたようで、ありがたかったですね。

部屋がそう広くなくて、入場制限でお断りすることもあったそうです。入れなかった人には、大変申し訳ない思いです。すみませんー。



また次回……って、いやいやそんな。やりませんって!




本業はしゃべることじゃなくて、書くことなので。お仕事、がんばります!ノシ
スポンサーサイト

Comment

SF大会お疲れ様です!!

ラノベ大喜利が混沌とした模様で皆さんつづっておられますね(苦笑)

長谷川裕一先生は時代的?になのかな私は知らなくてググって・・・・・・あーークロスボーンの人かと一人頷いてみました。
自分の憧れの人や好きな人に会えるのはやっぱり誰でも緊張しますよね(笑)かくいう自分も緊張して喋れないのですがーー。

関西と関東のイベントの壁を感じましたね。次に参加される時には自分も参加できるようにお金でも貯めておきます(笑)

「真田十勇姫」の写真を見た時は誰からかの差し入れかと思いましたよ。

お仕事頑張ってくださいです!!
ではでは~

>ウタカタさん

長谷川先生の代表作「マップス」は、GA文庫からノベライズも発売されてますね。


イベントに関しては、そのうちコミケにもぜひ参加してみたいなーと、個人的には思っております。でも同人作業よりは、商業で本を出す方が大事なので、そっちをおろそかにしないようがんばっていくつもりですよ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)