情報が出ましたので。

少しだけ、ここでも書かせていただきます。

■訃報
http://www.mediafactory.co.jp/bunkoj/info/info20110426.html


去る4月18日、『えむえむっ!』で知られるライトノベル作家、松野秋鳴さんが急逝されました……。

もちろん私にとっても、寝耳に水な話でした。
松野さんは関西に住んでおられ、大阪での飲み会などでお会いしたのが、私との馴れ初めだったと思います。

また、私個人としては以前ある本で、対談をしたことがありました。ちょうど『えむえむっ!』を出される直前だったと記憶しています。


それから、あれよあれよと売れっ子作家になられ、アニメも絶好調で……本当に、「これから」の人でしたのに。
ただただ、残念でなりません。

そういえば毎年律儀に届いていた松野さんの年賀状が、今年はなかったと記憶しています。
「お忙しいのか、喪中なのかな?」なんて思っていたのですけれど。


まさか、こんなことになるなんて。



たまたま告別式には参加することができ、私は最後の別れをしてきました。
とても安らかな顔をしておられましたが……若すぎます。

年齢を公表していいのかわかりませんので伏せますが、私と同い年でした。
御両親が、本当に辛そうで……「子に先立たれるなんて、こんな哀しいことはない」と呟かれた言葉が、今でも私の胸に残っています。

駆けつけた編集さんや、作家さんたちも、とにかくショックで……。



あっという間に初七日が過ぎ、そのことにも呆然とするばかりです。
心より、松野さんのご冥福をお祈り申し上げます。




暗い話題ですみません。
また少し間を空けてから、明るい話が書けたらな、と思っておりますm(_ _)m
スポンサーサイト

自粛中です。

すみません、ちょっと不幸ごとがあり……更新を自粛中です。


こういうことは突然すぎて、困惑するばかりです。
また、ここでいろいろ書ける内容でもありませんので。申し訳ありませんーm(_ _)m


そして個人的に、原稿が進まなくて青ざめたり。ううっ!orz

チャリティー品届きました!

エンターブレインさんの、チャリティー通販の品が届きました~(*´∇`*)

teru01

ええ……買ってしまいましたよ!
「テルマエ・ロマエ」のヒノキ桶をー!

勢いで購入したものですが、せっかくなので使ってみようと思いますノシ

きちんと日本製ですよ~。


teru02

おまけで、こんなものまでついてきたり。
焼き印つきのマスです。

でも、どうやら実用には向かないようですね、これ。

teru03

注意書きが入っていました。
あくまでキャラクターグッズ……まあ、おまけですからねえ; ちょっと残念な気はしますけれど。

ただ、確かに木の組み方が単に「接着剤で板を貼り合わせてるだけ」なので、壊れやすそうではあります。しょうがない!



teru04

もうひとつ、こんなものも注文していたり。
「銭湯命人」Tシャツですよ!(*^-^)

teru05

もちろん、温泉マークまでバッチリ再現!

……問題は、私の家の近くには、銭湯がさっぱりないことですがorz
またいつか、温泉にでも行ったときに使ってみようと思います!(・・)ゞ



teru06

あと、ランダムでガラが決まるサービスのトートバッグも、「テルマエ・ロマエ」でした! わーい。



http://ebten.jp/charity/

チャリティー通販は、今月いっぱいまで行われていますよ。

ヒノキ桶は売り切れたようですが、Tシャツなどまだ在庫のある品も残っています。
気になるものがありましたら、この機会にぜひぜひどうぞー!

さすがに。

……がっかりしました。東京都知事選挙orz

私は都民ではないので、遠くからみていることしかできなかったわけですけれども。震災を「天罰だ」と発言するような人が支持されるのかと思うと、残念でなりません。


そして、マンガ・アニメ規制問題にもがっかりな動きが……。

http://news.livedoor.com/article/detail/5478849/


>1:いわゆる第二次性徴期を迎える前の、13歳未満と想起させる子どもをモデルとした漫画(コミック)を出版する際には、性交又は性交類似行為を連想させる表現は自粛する。
>2:いわゆる第二次性徴期を迎える前の、13歳未満と思われる子どもを大人が凌辱するような行為を描いた漫画(コミック)の出版は自粛する。


ついに出版社が、自主規制を厳しくしようとし始めました。
ロリマンガ撲滅、と聞けば問題ないようにも思えますが……まず、「13歳未満と想起させる」という基準は、どう判断されるのか?
また、誰がそう判断するのか?

その線引きは相変わらず(この問題が持ち上がった当初から)、曖昧なままになっています。


かつ、そもそも都条例での規制の対象は、「成年マークのついていない」作品だったはずです。
しかし、これ。……この自主規制の中身なら、「18歳未満には売らない」とされているマンガがまず、規制されることになりますよね?

子供の手には、最初から届きませんよ?( ̄Д ̄;)


別にロリマンガが好きだから、わざわざ問題視しているわけではありません。自主規制という「第一歩」からしてこのていたらくでは、これからもどう一方的な規制が持ち上がるかわからないから、クリエイターの一人として私は恐怖しているのです;


……とりあえず私個人の取り組みとしては、『もしマン~』の続きをアップすることくらいでしょうか。
現在自粛中ですが、ちょっと仕事のスケジュールもあり、再開は五月の連休明けくらいを考えております。

待っている人がどれくらいいるかはわかりませんが、よろしくお願いいたしますm(_ _)m




ところで、あまり暗い話ばかりでもなんですのでー。

sakura1101

日曜日に、大阪の桜之宮公園にてお花見をしてきましたー!
いろんな作家さんや漫画家さんなど、関西の業界関係者が40人ほど集まった、すごいものになりました!

ちょっとあまりに多すぎて、誰の名前を出していいか悪いかわかりませんので、ここには書けないのですけれど。……私が呼ばれてていいのか、困っちゃうほどでした。ひー。


sakura1102

そしてケータリングで、豚の丸焼きが運ばれてきたり!
http://gigazine.net/news/20081211_buta_maruyaki/

これがね、おいしいの! ポン酢や焼肉のタレをかけて、生野菜と一緒にいただきました~(*^^*)

sakura1103

↑食べ終わるとこんな感じに。
この後も、スープ用に骨を持ち帰る人も。ごちそうさまでした!



にしてもちょうど桜も満開で、いいお花見になりました~。
セッティングをしてくださった関係者の方々には、この場を借りて改めて、お礼申し上げますノシ

sakura1104

日曜日はあたたかかったのですが、日が暮れ始めると、やはり寒くなってきました。
春はもうすぐですけれど、みなさんも風邪など引かれないよう、気を付けてくださいね?

買い物を多目に。

こういうときだからこそ、経済の動きを活発化しないと、日本が本当にダメになっちゃうそうで。

なので、玩具はきちんと買っていたりします(^_^;)
不謹慎だとか、そういう意見もあるのですが……たとえば私なんかも、本を買ってもらわないと、もう即死しますので!



■目録マガジンGCグラカオvol.2 まるごと1冊トランスフォーマーガム大特集
http://www.mandarake.co.jp/publish/comp-rex/gc2/index.html

で、こんな本が発売されたということで、さっそく注文してしまいましたー。
お安いですけどね~。んでも、普段ならスルーしちゃうとこなのを、あえて!


そういえば私、トランスフォーマーガムはつくったことがなかったかも?
どうも食玩系は、最後には捨てちゃうことが多いので……もったいなくて避けちゃうんですよねー。

でも、そういうのがまとめて写真で見れるのは、ありがたいです!



確か、食玩トランスフォーマーは、カバヤさんが手がけてらしたでしょうか?
……実は私、カバヤさんの就職試験を受けに行ったことがあったり。

残念ながら面接で落ちちゃいましたが、受かってると作家にはなってないですね(・・;)
しかし確かペーパー試験(SPI)は、そのとき受けた他のどの企業より、難しかった記憶が?


「なんでお菓子会社なのに、他に受けた半導体関連のメーカーよりややこしい問題ばかりなの?」

と、凹んで帰ったのを覚えていますorz
まあ当時、お菓子メーカーというのはこぞって希望者が集まるので、ふるい落としの目的があったんでしょうか……?


なーんてことを思い出しながら、本が届いたら堪能しようと思いまっす!(・・*)ゞ

希有馬屋さん。

『中国嫁日記』で大ブレイク中の希有馬屋さんから、注文していた同人誌が届きました!

http://blog.livedoor.jp/keumaya-china/

ピンズ付きの「中国嫁日記日記」を買ったのですよー。

c-yome


横には、先日買ったキュアマリン付属のコフレを比較対象に置いてみたり(^_^;)
わかんないですかそうですか。

とにかく、小さーい。でもよくできてるー!
こういうの個人でつくるの、けっこう大変なんですよね。


……なんていうことがよくわかる同人誌、『6年間のフィギュア活動全記録レポート漫画総編集』の上下巻も、一緒に注文しちゃってました!

これがね。私はフィギュアに関しては、あまり詳しくはないので知らなかったのですけれど。
すごい……。
悪戦苦闘しながらも、中国の工場で、クオリティの高いフィギュアを生産してこられただなんて!


もうびっくりですよ! と言いますか、このレポート漫画はものすごい記録だと思います!ノシ
普通に商業で売ってもいいくらいですよー。ああ、でも版権の問題とかいろいろあるのかしら(・・;)

とにかく読み応えがあり、堪能させていただきました!



また、このレポート漫画には小さなフィギュアまでついてるんですよね。
私はキャラクターを知らなかったのですけれど、漫画を読んでその制作状況などを知るにつれ、「オマケでつけてくれてよかった!」と思いました。

いろんな苦労や進歩の片鱗が、実際に触って感じ取れるのですから!(*^^*)


残念ながら希有馬屋さんでは、もうこれらの同人誌を買うことはできませんが。
私はたまたま買い抑えることができて、ラッキーだったと思います。ほんとに。



というか……あの。「中国嫁日記日記」で、三田誠さんの名前が出てて噴きました。
お知り合いだったんですね!? いえ、私も三田さんにはお世話になっていますので。

狭い業界ですねえ。いえ、三田さんが顔の広い方だ、というだけですがー。