長野聖樹さんと大阪食い倒れ!

長野さんが大阪に来る、ということで、大阪でいろいろ食べ歩いてきましたよ!ヽ(*^^*)ノ


「大阪にはあまり来たことがないから、大阪らしいもので食い倒れしたい!」
とのリクエストだったので、まずは二人で天王寺のたこ焼き屋さんに行ってきました。


nagano01


行ったのは大阪でも有名な、「山ちゃん」です。

http://gourmet.kansai.com/G0001078


私はあまり詳しくなかったのですが、榊一郎先生が、
「山ちゃんおいしいよ。大阪のたこ焼きランキングでも上位で紹介されるお店だよ」
と教えてくださりました。

なので、「どうせ長野さんといくなら、やっぱりおいしいと評判のとこへ!」と思い、足を伸ばした次第です。


これが……なるほど! 確かにおいしい!
生地にしっかり味がついているんですよね。なにもかかっていない「ベスト」と、ソースマヨネーズとしょうゆマヨネーズの三つを買って、堪能してきました。

どの味もなかなか甲乙つけがたいですね!



でもやはり、ベストが一番かしら。
外側がカリッとしていて、中がとろっとして……それが純粋に味わえるんですよね。

あつあつだったので、食べるのが大変でしたが、そこがまたたこ焼きのいいところですよね!(*´∇`*)




ところで二時頃に、座って食べられる二号店に行ったのですが。どうやら三時からしか開店しないようで、中には入れませんでした。

http://takoyaki-yamachan.net/2gouten.html

HPには「平日十二時から」となっているのですが。むむむー。


というか、持ち帰り専用の一号店で買ったものの、座って食べられる場所がなくて、うろうろすることに。
そこがちょっと残念でしたかねえ。

まあ、大阪らしいといえばそうなのですが?






その後、二人で難波にまで移動しましたよ。
有名な「ひかっけ橋」のある道頓堀まで出て、次に入ったのは、串カツ屋さんでした。

nagano02

http://www.kushikatu-daruma.com/tenpo_doutonbori.html

新世界の串カツで有名な、「だるま」さんの道頓堀店に行ってきました!

やっぱり、「ソースは二度づけ禁止やで!」なのが、本場だと思ったので~。


nagano03

写真に見えるように、串カツをつけるソース入れは、みんなで使うというシステムです。
なので、食べかけを二度づけしちゃうと、失礼になっちゃうんですよね。

こうやってみんなでソースを使うことで、串カツのうま味がソースに混ざっていくんですよね。
お客さんがルールを守れば、おいしくいただける、というわけです。独特のルールですね!

食べ放題のキャベツも、手づかみで食べるというルールでした。面白いですねえ。




ちなみに、食べるのに夢中になって、串カツ自体の写真は撮り忘れてしまいましたorz

衣がもちもちしていて、食べ応えがありましたよ!ノシ
ソースが必要以上に染み込まないので、ちょうどいい味になるんですよねえ。


インパクトがあったのは……ウインナー、かな?
赤いんですよ。ははは。すっごく赤い、安いウインナーでした。

そこがまた、B級グルメの串カツには合ってる気がするんですよね。不思議ー。


あ。ソースの横に映ってるのは、どて焼きです。
やっぱり注文しておかないと、ねえ?





といったところで、食い倒れ前編、終了です!(^O^)/

長くなるので後編は、次回に~。お楽しみに!!
スポンサーサイト

G12。

さて。ついに、合体のときがきましたよ……。

g1232

エンジンオー、ガンバルオー、セイクウオー、キョウレツオー。四つの王が集いました!

一番背が低いのが、ガンバルオーですね。
すらりと背が高いのは、セイクウオーです。
ボリュームではキョウレツオーが圧倒的でした。



g1233

とりあえず、以前お見せしたエンジンオーG6に合体!



g1234

そこから、セイクウオーを構成するトリプターとジェットラスを肩に。
ジャンボエールを背中につけることで、エンジンオーG9の完成でっす(^∇^)


……背中の翼が大きすぎて、すでにブースに入りません;


g1235

とりあえずよくわかるように、背後からパシャリ。

ジャンボエールのコンテナが、カカト部分に合体することがよくわかりますね。
実はこれ、転倒防止の支えになっているのですよ。考えられてますねえ~。



g1236

ごらんの通り、ベアールVのシールドは、こんな形でぶら下がっています。
ちょっと不格好ですねえ。でも、余剰パーツが出ないよう、ちゃんとくっつけられるのはいいことだと思います!

また、G6時とはマスクが変わるのですが。そのため余ったG6のマスクは、ジャンボエールと本体の間にくっついています。わかりますかね? 見えにくくてすみませんー。

でも、そういった部分まできちんとフォローしてるんですよね!(>▽<)



g1237

G9のマスクのアップです。
エンジンスピードルにも仮面がつきます。G6とはけっこう印象変わりますよノシ




g1239

そして……ばらばらになったキョウレツオーのパーツを合体させ、エンジンオーG12の完成です!! ばばーん!



g1244

g1245

なんかもう、とにかく派手で、すごいですよー!


g1240

入りきらなかったので、足だけ別にクローズアップ。
こんな感じで見事にゲタを履いております。


キシャモスがブーツを形成するように、くっつくんですよね。腕パーツもバスオンのサイドについて、ボリュームアップします。

また、G12の両腕になるティラインとケラインがなかなかに太くて長くて、力強いシルエットをつくるんです。
これは……大迫力ですよ!!



g1241

ちなみにベアールVのシールドは、G12になったとき、右足の横につきます。
左足の横にはキシャモスの黒いパーツがつくので、ちょうどバランスを取る形に。



g1242

後ろ姿です。
G9とあまり変わらないかな? と思っていたのですが、とんでもない!

足と腕のボリュームが出たぶん、まるで違う印象を受けます。また、ジャンボエールとキシャモスの顔が見えるのもいいですね!



g1243

マスク部分はG9から変更はありません。でもキシャモスの牙が突き出ているので、そっちに目がいっちゃいますよ。
これはほんと、圧倒されます!


ちなみに重すぎて、持ち上げるのに苦労しました(;´▽`A``
や、重さを量ろうと、体重計にまで持って行こうとしたのですが。そのあまりのズッシリ感に、「もういいや」と諦めた私がいたり。はははー。



g1238

いやはや、十二台合体、すさまじい代物でした!!


うーん、こればっかりは手に取って組んでみないと、伝わらないかもしれません。別に関節が動いたりしないのですが、それでも感動しちゃうんですよね。これだけのものが完成すると!

エンジンオーG12、豪華すぎます! 大満足ですよ~☆



しかし……スピードルの肩が重みで垂れ下がるように見えるのですが。これは、大丈夫なのかしら? どきどき。
まあ今のところ、特に問題はないので、合体させたまま放置しない限りは平気かな?



とにもかくにも、ここまで十二体揃えた甲斐がありました! ふう~。
また来年の戦隊ロボにも期待ですね! わくわく。







g1246

それはそうと。今回、キョウレツオーから、エンジンを保護するビニールに「これで遊ぶと窒息の恐れがあるため、すぐ捨ててください」との警告文が印刷されました。

これは……袋で遊んで、息を詰まらせた子供がいたってことでしょうか?

こういうことをわざわざ警告しないといけないなんて、メーカーさんも大変だなあ、としみじみ思いましたよ。うーん。

キョウレツオー。

とりあえず先に、アマゾンさんにカラーの表紙がアップされたので、お知らせしておきますね。

メタルうぃっちシスターズ 4メタルうぃっちシスターズ 4
(2008/11/13)
ひびき 遊

商品詳細を見る



今回は最終巻ということで、全員そろい踏みですね!
……まあ帯がつくと、下の二人は隠れちゃうのですがー;




とまあ、前置きはさておき。

それでは前回に引き続いて、今度はDXキョウレツオーのレビュー、いってみます!( ̄∇ ̄*)


g1214

箱はかなりのビッグサイズ。撮影ブースぎりぎりでっす。

これは、ガンバルオーやセイクウオーとは違い、三体の炎神がセットで入ってるからなんですね。


g1215

g1216

というわけでマンモス型の「キシャモス」、ティラノサウルス型の「ティライン」、トリケラトプス型の「ケライン」から構成されます。
三つとも列車がモチーフですね!


g1221

列車らしく、劇中同様、三体をこのように連結することができますノシ


g1222

長いので、撮影ブースに押し込めようとするとこんな感じに……。
でも、ここまでくねらせることができるわけです。


g1220

連結部はティラインとケラインの前後に、キシャモスには後部のみに設けられています。
折りたたみ式で、使わないときはちゃんとしまっておけますよ。



g1217

ティライン、ケラインの後部を開ければ、そこからエンジンソウルを入れることができます。

g1218

ボタンは上部と、底につくられています。
ただしキョウレツオーには、この二体のエンジンソウルは付属しないので、ちょっと残念ですねえ( ̄Д ̄;)



g1223

キシャモスはばらばらになることで、組み替えて変形する構造ですよ。
これがけっこうよく考えられていて、意外になかなか楽しめます!

サイドの塗装は、列車時には白いラインが繋がるように。ロボ時には黒いラインが繋がるようになっています。ふーむ、細かい!


g1224

ちなみに付属するキシャモスのエンジンソウルは、マンモス顔パーツの底から差し込みます。


g1225

ギミック用スイッチは、先端に二つ用意されています。

g1226

マンモスの鼻部分を降ろすと、なんとこのスイッチが、まとめて押される構造に!
なるほど、練られてますねえ~。




g1227

パーツを合体させ、ティラインとケラインを足に差し込むことで、キョウレツオーの完成です!

かなりのボリュームで、大満足です!!
……エンジンオー以外はずっとまともな「手」をしていないロボだったので、ここにきて一番ロボらしいデザインなんじゃないでしょうか。


g1228

横から見るとこんな感じ。
背中のパーツは、まるまる背負っちゃってますねえ。


g1229

そしてマンモス顔の鼻を伸ばすと、手を前に出しても届きません!
どうやって戦ってるのか不思議ですねえ(´▽`;)


g1230

腕はくるくる前後に回転させられます。ちょっと角度がついてるのがミソ?


しかしキョウレツオーの必殺技をチョップにしたのは、英断だと思います!!
それしかポーズがとれない、ということもありますが。あはは~。





g1219

というわけで、キョウレツオーのレビューでした!




しかし、ばらばら合体をこなす四号ロボの真価は、もちろん他にあるわけで……。

g1231

つづく!

買ったよ!

当然のように、発売されたばかりのこれを買っちゃいましたよ。

炎神戦隊ゴーオンジャー 炎神合体シリーズ10~12 炎神合体DXキョウレツオー炎神戦隊ゴーオンジャー 炎神合体シリーズ10~12 炎神合体DXキョウレツオー
(2008/10/18)
不明

商品詳細を見る



……そしてこれで、十二体の炎神がそろったことになります!

なので、もちろん……究極の十二台合体「エンジンオーG12」が完成できちゃうわけで!!ヽ(*^^*)ノ



おっと、慌てちゃいけない。

とりあえずストレス発散に(?)まとめて写真を撮ったのですが。ここのブログでは以前に、
http://hibikiyu.blog113.fc2.com/blog-entry-74.html
http://hibikiyu.blog113.fc2.com/blog-entry-94.html
エンジンオーとガンバルオーの写真はアップしていました。

ですが忙しさにかまけて、三号ロボであるセイクウオーのレビューがまだでした!


なので、四号ロボであるキョウレツオーの前に、そっちの写真を先に紹介しちゃいますね☆



g1201

セイクウオーの核となるジャンボエールの箱です。けっこうでっかいですよー。

g1202

他のトリプター、ジェットラスの箱と比べるとこんな感じです。



g1203

で、ジャンボエールです。

……翼が大きくて、すでに撮影ブースに入りません; すみません~。


g1204

顔はちゃんとクジラになってますよ!
ぱかっと口を開くことも可能です。



g1207

ジャンボ機から、ジェットモードに変形!

機体後部が翼にくっついて、頭部を一度外して上下入れ替えて刺し直します。


g1206

このときクジラ顔の目は、うまく隠れるようになっています。なかなか考えられてますよ!



g1208

機体上部にボタンが二つ。これは内蔵される、エンジンソウルのスイッチですね。



g1209

翼についている大きな輸送コンテナは、取り外すことができます。


g1210

中には超合金シリーズが入れられるみたいですね。

炎神戦隊ゴーオンジャー 超合金 エンジンスピードル炎神戦隊ゴーオンジャー 超合金 エンジンスピードル
(2008/03/29)
不明

商品詳細を見る






g1205

そして……トリプター、ジェットラスと合体することで!


g1211

細身なのが特徴的な、セイクウオーになっちゃいます!ノシ



g1212

ちょっと見にくいですが、エンジンソウルはセイクウオーの背中から出し入れできますよ。
ジャンボジェット時には、底になっちゃう部分ですね。


g1213

ロボ時でも、胸のクジラ顔の口を開けば、そこにエンジンソウル用のスイッチがあります。
合体前後に関わらず、ちゃんとエンジンソウルのギミックが楽しめるよう考えられたギミックですね(*゚▽゚)ノ



g1200

そうそう。トリプターとジェットラスは、後部からエンジンソウルを差し込みます。

で、両機ともに、サイドの白いパーツがエンジンソウルのスイッチになっていますよ。


……取り付けるのを忘れたのですが、ジェットラスにはもちろんミサイルもついています。ミサイルのボタンは、エンジンソウルのスイッチが兼ねています。押すことでミサイルが発射され、同時にミサイル音も出る、というしかけに。これはおいしいですね!




といったところで、駆け足でしたがセイクウオーのレビューを終了します。
次回、キョウレツオーのレビューをしますので、お楽しみに!

エンジンオーG12は、その次を予定しています。写真が多いので、少々お待ちくださいませm(_ _)m
では~。

最終巻告知~。

忙しいと、ついつい告知するのを忘れがちになるのですが(;^_^)

http://ga.sbcr.jp/novel/index.html


「メタルうぃっちシスターズ4」、来月発売になりますよノシ


メタルうぃっちシスターズ 4メタルうぃっちシスターズ 4
(2008/11/13)
ひびき 遊

商品詳細を見る


アマゾンさんにも情報があがりました。


あらすじについては、またGA文庫さんのHPに出たときにでも、お話しさせていただこうかなと思います。
……今回、とにかく盛りだくさんで、最終巻にふさわしい内容となっております!

期待して待っていてくださると、ありがたいですm(_ _)m





で、現段階で私は、狐印さんのイラストラフなどを拝見させてもらっているのですが。
うーん、すごいですよ!!ヽ(*^^*)ノ

ラフからも伝わってくる、クロムの気合いの入りよう!!
見開きのカラー口絵がまた、すばらしいんですよね!



とにもかくにも、お楽しみに!
発売は十一月中旬です。

よろしくお願いしますね~♪




--------------------
※10月19日追記。
アマゾンさんにてあらすじが公開されましたので、コメント欄で内容に少々触れております。
ネタバレが嫌いな人は、お避けくださいませ。

NERF!

突然、一部で流行り始めた、こんなものを買ってしまいました。

NERF製、ソフト弾シューティングガン「マーベリック」です!


nerf01


アメリカで販売されている玩具なんですが、今回トイザらス限定品という形で、日本にも入荷しました。

http://esearch.rakuten.co.jp/rms/sd/esearch/vc?sitem=%A3%EE%A3%E5%A3%F2%A3%E6&sv=6&sid=202368&su=toysrus&sn=%A5%C8%A5%A4%A5%B6%A4%E9%A5%B9%A1%A6%A5%AA%A5%F3%A5%E9%A5%A4%A5%F3%A5%B7%A5%E7%A5%C3%A5%D4%A5%F3%A5%B0&f=A&Submit.x=49&Submit.y=28



私はガン系にはあまり興味がなく、手を出していないのですが。価格が安い(マーベリックで1500円弱)ということもあり、試しに購入してみることに。

そうしたら……わ! すっごく楽しい-!ヽ(^◇^*)/



nerf02

nerf03

銃身は、六発式のリボルバータイプとなっています。
サイドの黒いボタンを押すことで、横にがちゃっとシリンダーが出てきます。



nerf04

nerf06

そこに、先端が吸盤となったスポンジ弾を詰め込むのです。
前から差し込んでいく形になります。


このシリンダー部分、ちょっとしか出てこないのですが。分解して、引っかかる部分を自己責任で削り取れば、大きく展開するようになるみたいです。

価格が高いものではないので、その気になれば気軽に改造できるのはいいですね!

やー、私の場合、面倒くさがりなので。改造するかどうかは未定です(^▽^;)



nerf07

弾を入れた後は、銀色のスライド部分をガシャッと動かして準備完了!
トリガーを押せば心地よい感触で、ビシュッと弾が発射しますノシ

これが、子供だましっぽくないんですよ~。すごくしっかりした手応えが感じられます!

一発一発、スライドを動かさないと撃てないので、連射はできないんですけどね?



また、子供向けにしてはスライドがちょっと重めなのが、少々気になりました。いえ、そこがいいところでもあるのですが。

……アメリカの子供たちは、けっこう力があるってことなのかしら?



nerf08

スポンジ弾はこんな感じで、平らな場所にぴったりとくっつきます。
それが心地いいのですよう~。

ガラスに向かって発射すると、見事に貼り付いてくれますよ!



nerf05

弾の後ろには穴が空いています。
ここに空気を送り込んで、発射しているのかな? ちょっと分解しないとわからないです。むむむ。


発射された弾は、五メートルくらいなら気持ちよく飛んでいきます。
弾道が山なりになるので、そのあたりを計算して撃てば、十数メートルくらいは飛ぶのかな?

http://item.rakuten.co.jp/toysrus/290969300/

通販ページの解説だと十五メートルは飛ぶ、となってますね。





http://www.hasbro.com/nerf/

アメリカではいろいろたくさんの種類が出ているようです。

うーん。もっと日本にも入ってきて欲しいですね!
別パーツを組み合わせることもできるようですしー(o^∇^o)



しかしアメリカのトイガンって、面白いものがありますねえ。

スタジオハーフアイさん。

知る人ぞ知るガレージキットメーカー、スタジオハーフアイさんのHPがリニューアルされました~ノシ


http://studio-halfeye.com/

あくまで玩具ではなく、ガレージキットなのです。
完全変形にこだわったアイテムが売りの、メーカーさんですね!



そしてリニューアルと同時に発表されたのが、これ!

http://studio-halfeye.com/works/dangaioh/dangaioh_1/dgaio_1_top/dgaio_1_top.html

完全変形ダンガイオー! お値段、なんと税込み79800えーん!Σ(・口・)


た、高い……! でも写真を見るとわかるのですが、その価値に見合ったアイテムとなっています。

まあ、私が購入した完全変形ガオファイガーも、六万円オーバーでしたから。ダンガイオーくらい複雑なものになると、この価格設定は割高でもなんでもないと思います。そういう世界です、うん。


でも私の場合、ダンガイオーを観てなかったので、購入はちと見送りってとこでしょうか。あはは(^▽^;)

や、けど、ずっと写真を見てると、ロボ時の足のラインの美しさに、思わず注文しちゃいそうになります。あれだけのギミックを詰め込んでいるのに、きれいなんですよね!


またそのうち、写真に色がつくと思います。楽しみですねえ~。


にしてもほんと、これだけの複雑なギミックを、よく仕込めたなあと感心させられます。
ひびき遊は勝手にスタジオハーフアイさんを応援しています!☆('▽'*)









そしていつか、完全変形ボルフォッグをですねむにゃむにゃ……。

USAエディション。

ちょっと忙しいので写真は撮れていないのですが、発売されたばかりのこんなアイテムを買いましたよ~。



TRANSFORMERS USAエディション TRANSFORMERS UNIVERSE POWERGRIDE パワーグライドTRANSFORMERS USAエディション TRANSFORMERS UNIVERSE POWERGRIDE パワーグライド
(2008/10/02)
不明

商品詳細を見る



TRANSFORMERS USAエディション TRANSFORMERS UNIVERSE ONSLAUGHT オンスロートTRANSFORMERS USAエディション TRANSFORMERS UNIVERSE ONSLAUGHT オンスロート
(2008/10/02)
不明

商品詳細を見る



TRANSFORMERS USAエディション TRANSFORMERS UNIVERSE SILVERBOLT シルバーボルトTRANSFORMERS USAエディション TRANSFORMERS UNIVERSE SILVERBOLT シルバーボルト
(2008/10/02)
不明

商品詳細を見る



「USAエディション」として限定カラーにて発売された、トランスフォーマー玩具の三つです。

上から、パワーグライド、オンスロート、シルバーボルトです(* ̄O ̄*)



これ、USAエディションと銘打たれているのですが……なんと、アメリカでは発売されないアイテムなんですよね。不思議!
や、でもアメリカでは、もっと別のカラーが展開されているので、それはそれでうらやましいです!




しかし、サイズを確認せずに買ったのですが、どれも三十センチ近いサイズだったとは(・・;)
やー、置き場所に困りますねえ。あははー。



一番のお気に入りは、初代トランスフォーマーシリーズで活躍したレッドカラーで発売された、パワーグライドですよ!

http://www.takaratomy.co.jp/products/TF/products/universe.html

↑ロボモードでは、ちょっと不格好なのですが。

でも、変形がとにかく凝っていて、いじっていて楽しいのです!
また、不格好なところもよく見れば、けっこう味がありますよ?


そしてこだわりは、胸部のパネルを開くと見える、ハート型の模様でしょうか。

これは初代トランスフォーマー第三十六話、「令嬢より愛を込めて」のラストシーンから来たものだと思います。
パワーグライドが女性に恋をして、ハート型に胸の中が光るんですよね。

こういうところはニクイつくりをしてるなー、と思わされます!




で、他の二体の方ですが。

装甲車からロボになるオンスロートは、外側のパネルの変形が面白いです!
また、形もなかなかかっこいいですね! ただしパワーグライドに比べると、ボタンを押して流れる音声パターンが、ちと少なめですね。
装甲車モードでは、走るとエンジン音が鳴るのはいいのですが。パワーグライドだと変形時の「ギゴガゴゴ」音があったのに、なくなっています。

どうしてでしょうねえ;

でも、文句なしにカッコイイと思いますよ~。




そして三体目のシルバーボルトですが。

これは……一番シンプルな変形のぶん、ロボモードがとてもスマートです!(*゚▽゚)ノ
けれど、面白みはあんまりないなあ、と。
手首の変形はシンプルイズベストで、きれいにつくられてるんですけどね。


音声も最も少なくて、変形前と変形後で変化がありません。
「ギゴガゴゴ」音は、頭を出したときに鳴るのですが。




と、いうわけで。
私がこの中でオススメするとしたら、やっぱりパワーグライドですねえ。

かっこいいロボでないと! という人は、オンスロートがいいと思いますノシ

ビームサーベル。

以前書いたように、エアショックバトル「1/12ビームサーベル」買っちゃいましたよ~ノシ

Air Shock Battle 1/12 ビームサーベルAir Shock Battle 1/12 ビームサーベル
(2008/09/27)
不明

商品詳細を見る



現在、オモチャ売り場で実演してらっしゃるところもあるようですね。



asb13

パッケージはこんな感じです。
中のビームサーベルが見えるので、実際のサイズがわかっていいですね。



asb12

中身はこうなっています。


asb10

内容は、
・ビームサーベル本体(ストラップ付き)
・台座
・センサー保護用キャップ
・ビームサーベル型リセットパーツ
です。

リセットパーツとは、リセットボタンや電池カバーのロックボタンといった、ペン先でつつくほどの小さなボタンを押すための専用パーツです。これが、ビームの出たサーベルの形をしてるんですよね。芸が細かいなあ(^∇^)


asb11

それから、説明書と、滑り止め用のゴムリングが付属しています。

ゴムリングを使わなくてもストラップがあるので、まあ大丈夫なのですが。でも安全には十分配慮している、ということですね。Wiiリモコンの件もありますし~。


実際、アイテム的にはWiiの振動センサー内蔵リモコンと、似たようなものなのでしょう。

振れば音が鳴り、震える、というだけのものなのでー。



……で、さっそく振り回してみたのですが。
最初は斬撃音がちっとも出なくて、「不良品なのかしら!?」とか思っちゃいました。

でも、慣れてくるとうまく音が出せましたよ!
コツは、けっこう思い切り振らないとダメ、ということでした。小手先でひねってても、斬れないんですよねえ。


おかげで翌日、筋肉痛になったのは秘密です……。よ、弱っ!∑( ̄□ ̄;)


音は、振り回しての「斬る」と、突いての「突き」に対応しています。
「突き」の場合、しばらく「溜め」の音声に変わり、スパーク音がしてから引き抜くことで、爆発音に変わります。このあたり、面白いですね。




asb09

クリアー素材でつくられた台座が付属しますので、本体をこのように飾っておけます。

本体自体の塗装はきれいで、デザインもちゃんとしてるので、こうやって飾るとそこそこ見栄えがしますよ?
さりげなく、キャップも飾れるのがいいですね。


……この場合、ストラップは外した方がよかったですねえ。




asb08

電池カバーは、ここにあります。


asb07

中の黒いユニットが、まるごと外せるようになっていますよ。


asb06

ここに、単四電池を三つ入れます。
電池は当然別売りなので、ご注意を~。




asb05

で、ボタンなのですが。

白くて円いのが、電源ボタンになります。一度押してON、長押しでOFFですね。

オレンジ色の二つが、「格闘モードボタン」と「シナリオモードボタン」です。
そしてその間に、いざというときの小さなリセットボタンがあります。



格闘モードボタンは、ノーマル状態から、音と振動が大きくなる、というものです。それだけだったり;

シナリオモードは、アムロ=レイの声で、敵機の接近を教えてくれます。
それに反応して振ることで、敵を撃破することができます。
モードは、ボタンを押すごとに切り替わり、全部で七つあるようです。


asb01


レベル1:VSザク(攻撃音:ザク・マシンガン)
アムロ「武器はないのか、武器は!」

レベル2:VSグフ(攻撃音:ヒート・ロッド)
アムロ「ええぃ! どうせあと一回くらいしか撃てないんだ!」

レベル3:VSドム(攻撃音:ジャイアント・バズ)
アムロ「モビルスーツめ、先にホワイトベースをやるつもりか!」

レベル4:VSズゴック(攻撃音:メガ粒子砲)
アムロ「赤い色のモビルスーツ、シャアじゃないのか!?」

レベル5:VSビグ・ザム(攻撃音:大型メガ粒子砲)
アムロ「005か、スレッガー中尉さすがだな」

レベル6:VSエルメス(攻撃音:ララァ共鳴音)
アムロ「とんがり帽子だな」

レベル7:VSジオング(攻撃音:メガ粒子砲)
アムロ「こう近づけば四方からの攻撃は無理だなシャア!」





とりあえずタイミングはどんどん厳しくなっていくのですが、慣れれば簡単にクリアできますね!

勝つとニュータイプ音(ピリリーン)が、負けるとギレン総督の声で「あえて言おう。カスであると!」が流れます( ̄▽ ̄;)


asb03

スピーカーは、ここにあります。手元で鳴ってくれるのはいいですね!



asb04

先端はもちろん、センサーになっています。
反応距離は約80センチで、対象物を斬ると、音が鳴るようになっています。
センサーの有効範囲内に物体がないと、ずっと空振りになりますよー。


ただしこれ、残念なのは「対戦モード」がないことです。
つまり、二本買ってのチャンバラごっこは不可能なつくりになっています。

センサーから出る赤外線どうしがぶつかり合ったとき、それを感知しての「つばぜり合い音」とか、どうも無理なようですね……。
これはがっかりでした。

そういうことができると、バカ売れするとは思うのですが。
完全に一人で遊ぶ仕様になってますね。



んでも、殺陣とかであらかじめ動きを決めて使用すると、相手を斬ったときにだけ音が出るので、そうなると臨場感が出てきそうですね。



asb02

センサー部分にキャップを取り付けると、ほこり防止になります。
またこの状態で、1/12HY2M等身大ガンダムに、セットできるようです。


HY2M HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAMHY2M HYPER HYBRID MODEL 1/12 RX-78-2 GUNDAM
(2006/12/16)
不明

商品詳細を見る



……こんなでっかいガンダム、個人で所有してる人は、なかなかいないと思いますが(^_^;)