「孤独のグルメ」ツアーその5!

さて、では上京四日目のお話です。


この日は昼過ぎの新幹線の切符を予約していましたが、帰路に就く前にぜひぜひゲットしたいものがあったのです。


というわけで、午前中からこんなところに向かいました。

kodo04



秋葉原にある、肉の万世さんです!

そう。第十七話「秋葉原のカツサンド」に出てくる、特製カツサンドを買いに行ったのです。

http://www.niku-mansei.com/contents/03menu/03menu06sandwich.html


漫画では「肉の万世橋の特製カツサンド」となっていましたが、実際には「ボリューム万かつサンド」のようですね。

kodo03


普通の万かつサンドも買って、お土産として家まで持って帰ってきましたよ!


kodo01


中のサンドイッチは、漫画で描かれているとおり、カツが厚くてパンはしっとり、キャベツなどは入っておらず、ソースとマスタードが染みこんだカツの味を純粋に堪能することができます(^-^)

いやー、シンプルでいいですね!
カツだけでは物足りないかな、と思ったのですが、食べてみるとそんな気持ちは吹き飛びます。子供から大人まで好きな味ですね!
思わずゴローちゃん同様、「ソースの味って男のコだよな」と呟いてみたりー。

お肉自体もやわらかく、けっこうな厚みがあるのに、ぺろっとたいらげることができます。マスタードの風味がね、ソースのしつこさを適度に掻き消してくれるのですよう。



で、二つのカツサンドを食べ比べてみた感想ですが、味に差はないです。単純に、ボリューム万かつサンドの方が、肉が少し大きいということでしょう。

うーん、他にもハンバーグサンドやヒレかつサンドがあったので、今度買う機会があれば、そっちも食べてみたいですねえ('-'*)





……さてさて、というところで、今回の私の「孤独のグルメ」ツアーは全て終了ですノシ

いやぁ、いろいろ回ったものです。
本当は他にも、第一話の「山谷のぶた肉いためライス」や、第十一話の「石神井公園のカレー丼とおでん」なども制覇したかったのですが、ちょっと時間がなくて断念してしまいました。
またいつか行ってみたいものです!



そんなことを考えながら、秋葉原でついでにこんなものも買ってみたりー。


kodo02


流行のラーメン缶にうどん缶です。
カレーうどんのみ350円で、他は300円でした。
まあ、話の種に、というところです。

……で、さっそくラーメン缶を食べてみましたが。
これは、その……太いしらたき?(--、)


いやー、麺がのびないようコンニャクでできている、とは聞いていましたが。それにしても、コンニャクそのままなお味でした。ははは。


うどん缶は、またそのうち開封します;
きっと、もっと太いしらたきが入っていることでしょう……。
スポンサーサイト

「孤独のグルメ」ツアーその4!

専門学校での説明会を終えた、その夜。

とりあえずこれで、二日間に渡る私の仕事は終了しました。
この日は一時間のトークだけだったので、気楽にやらせていただきましたね。

参加された皆様には、けっこう笑っていただけたような。楽しんでもらえたなら、それはそれでOKです。
ためになるような話ができたかどうかは、ちょっと自信ないですが(*^.^*)

……それより、時間いっぱいになって、
「どうします? まだ盛り上げることできますけど?」
とか、事務の人に訊いてしまう私って一体……。

思い起こしてはっとしたのですが、すでに言ってることが芸人ですよ。はは、は……。



とにもかくにも、夜です。
説明会終了と共に新幹線に飛び乗れば、その日のうちに帰れたのですが、せわしなくなってしまうし、他に知人と会う予定があったので、東京滞在を一泊分延期しました。


で、そうなると当然、「孤独のグルメ」ツアーの続行ですよ!




kodo07


やってきたのは東武東上線大山駅の近くにある、洋食屋「洋包丁」さん!

……ここは漫画の中でも、特に印象的なお店なのです。

というのも第十二話「大山町のハンバーグ・ランチ」では、主人公のゴローちゃんが横暴な店主に突き飛ばされて、思わずアームロックをかけてしまう、というエピソードの舞台となっているからです。


このあたり、すごい展開になっているので、興味がある人はぜひぜひ漫画を読んでくださいね。
そして名台詞、
「モノを食べる時はね、誰にも邪魔されず自由で、なんというか救われてなきゃあダメなんだ。独りで静かで豊かで……」
も飛び出します!

うーん、いい言葉だなあ~。



それにしても……このアームロックをかけられる店主。なんと実在した人物がモデルとなっているようです。現在は新しい人にかわってしまい、関係ないのですが。



でも、メニューはかわっていません。洋包丁はチェーン店のようで、店主がかわっても他はそのままのようですね。カウンターしかない店内も漫画のとおりでした!


kodo05


そしてこれがゴローちゃんの食べていたハンバーグランチですノシ

ただし、これは私が注文したものではありません。
一緒に行った友人が頼んだもので、少しハンバーグをいただきましたが、お肉の味が素直に出ていて、とってもジューシーでした。ほろほろっと口の中で、ハンバーグがほどけるんですよね。
こういうのでいいんですよ、こういうので。

あ、写真だとスパゲティの上にのっているのはピーマンなのですが、漫画では人参になっていました。




で、私は……こんなものを頼んでみたり。


kodo06


劇中で、豆腐が足りなくてつくれない、と言われていたジャンボ焼きランチです!(*´ -`)

お豆腐(一丁?)と豚肉を、甘辛~いタレで炒めたものです。味噌と醤油がベースなのかな? このタレが絶品で、クセになりそうなお味!
そこに豚汁がついています。あっさりしていて、それでいて味わい深くて、ありがたいですね。

ご飯はそれなりのボリュームがあるのですが、タレの味付けが濃いので、足りないくらいです。一気にかっ込んでしまいます☆

豆腐と一緒にバランスよく食べると、おいしくいただけますね。
これで720円なのはお得だと思いましたよ!



洋包丁さんは、近場にあったら足繁く通ってしまいそうになる、そんな感じのお店でした。
うーん、また上京する機会があれば、他のメニューも試したいですね!

……というところで、この日の夜は更けていくのでした。





次回でようやく、グルメツアーも最後ですよ!( ̄▽ ̄)

「孤独のグルメ」ツアーその3!

上京三日目です。
三泊四日してきたので、ここが折り返し地点ですね。「孤独のグルメ」ツアー、まだまだいきますよ!


この日は例の、専門学校での説明会がありました。
ただし顔出しするのは午後二時くらいからだったんですよね。


で、ホテルのチェックアウトの時間は、朝の十時だったわけです。

説明会が始まる三十分前には学校に行かねばならないのですが、そう考えても三時間以上は余裕があります。
なので……ここは朝ご飯とお昼ご飯を、「孤独のグルメ」探訪に当てようかと!



そういうわけで足を運んだのは、JR池袋駅側の、西武デパートでした!

「孤独のグルメ」第十六話、「池袋デパート屋上のさぬきうどん」を、朝ご飯に食べようと思ったのです(^0^)/


kodo16


西武デパートの屋上に、朝一でやってきてしまいました。
いやー、さすがに暑いです;

劇中では冬だったのですが、そこんとこは仕方がありません。
時間帯が十一時前だったので、かなり空いていましたね。


そしてお目当ての、うどん屋さんを発見!

kodo17


ああ……ほんとに漫画そっくりです!!

注文したのはもちろん、漫画の「月見おろしうどん」!



kodo18


名称は単に「おろしうどん」として出ていますが、普通に卵もついてきますよ~。

一味は少し控えめにしてみましたが……もっと入れてもよかったですね!
というのも、つゆがちょっと薄味なのです。軽く塩味がついている程度。

でもたっぷりの大根おろしに生卵を混ぜると、黄身がいい感じにコクを与えてくれるんですよね。
「卵とおろしの効果っていうのがイマイチ分からないけれど、うまいよな」
という感想がまさにぴったり!

また、うどんの麺自体は手打ち風で、確かに角がしっかり立っています。するするっとお腹の中に入っちゃいますね!


kodo08


ここでは青空がおかずです。


kodo12


ごちそうさまでした(≧▽≦)




……がさごそ。


kodo15


そして直後に、こんなものを取り出してくる私。

ウフフ。そうです。お昼ご飯の時間です。
西武デパート地下で購入した、崎陽軒のシウマイ弁当ですよ!


……朝食の二分後に昼食をとるという、このナニモノ感!!
完全に不審人物です。ははは。
いや、これも「孤独のグルメ」に登場する代物なのです!


といっても第六話「ひかり55号のシュウマイ」で登場するのは、ジェットと呼ばれるものでした。紐を引っ張るとあたたまる、シウマイのみのお弁当(?)です。

劇中では龍養軒のジェット、となっているそれは、残念ながら現在取り扱っていないそうです。
http://www.kiyoken.com/pressrelease/20040311_2.html

なので、ここはゴローちゃんの同僚が勧めていたシウマイ弁当を食べることに。


漫画だと東京駅の大丸デパート地下で買っているんですけどね。ちょっと東京駅まで足を伸ばす余裕がなかったので、池袋の崎陽軒さんで手に入れたのです。



kodo14


ゴローちゃんが食べ損ねた干しアンズも入っていますよ♪
干しアンズはしゃくしゃくとした歯触りで、ほんのりとした甘さがあり、箸休めにはぴったりでした。
シウマイもしっかりとした味で、冷めていてもやわらかくておいしいんですよね。

また、筍煮がたっぷり入っているのですが、辛子をつけるといくらでも食べられますね!




kodo13


というわけで、こちらも完食です!(゚▽゚)


ご飯粒は、こびりついてしまって、どうしてもとれなかったので断念orz
すみませぬ~。



その後、漫画と同様に、デパートの屋上をうろついてみました。

kodo10


kodo09


ゴローちゃんの立ち寄った、サボテン売り場を発見!
お腹が満たされた私は、しばしサボテン観賞に浸ったのでした。

けっこうゆったりとした時間を過ごしましたよ?


それにしても、おろしうどんは350円で食べられます。安くておいしくて、とっても満足しましたよノシ






……けれどもこの後、専門学校の説明会を終えてから、あることに気付く私。
しまった。漫画ではうどんを食べた後、売店でフランクフルトソーセージを買って食べるんだった!

って、お弁当まで食べてしまった私には無理ですってば(・_・;


つづく!

「孤独のグルメ」ツアーその2!

東京「孤独のグルメ」ツアーその2~ということで、今日も行きます。期待している人がどれだけいるかは知りませんが_(^^;)ゞ


えーと。まずは昨日の話の続きから。
上京初日は麻雀大会を終えて、そのまま飲み会となりました。
ここはもちろん、「孤独のグルメ」とは関係ありません。日頃ご無沙汰している作家仲間さんたちと、お酒を飲んで盛り上がりましたよ~。


で、十二時過ぎにはホテルに入って休むことに。なにしろ翌日は、専門学校の特別講義がありましたので。
や、むしろそのために上京したわけですし。


ただしその前に、コンビニで朝ご飯を調達しましたよ。

……そう、「孤独のグルメ」第十五話、「深夜のコンビニ・フーズ」のように!



いや、漫画では夜食でしたが。
それに劇中では、うずらと牛肉の中華風、おしんこ、玉子焼き、キンピラゴボウ、冷や奴、馬肉入りコンビーフ、魚肉ソーセージ、野菜の煮物、ナメコ汁、白米、焼きプリン、おでん(タマゴ、ダイコン、シラタキ)、といったものすごい種類を食べるのですが……無理です; そんなの食べ切れません!

というか朝ご飯なので、軽めでいきたいのです。
そんなわけでその中から、冷や奴をチョイスしてみました!


kodo27


kodo26


朝にお豆腐、というのもオツなものです。
薬味に生姜とネギもついているので、飽きもせずにするするっといただけますよ。胃の中がさっぱりします! 重くないのがいいですねえ。



まあそんなこんなで朝食を済まし、この日私は午前と午後の、専門学校の特別講義を終えました。

そして……この夜。
私は、今回のグルメツアー最大の目玉と言って過言ではない、あるお店に行く決意をしていたのです。



それは「孤独のグルメ」第四話に掲載されている、東京赤羽にある、朝の九時から開いている飲み屋、「まるます家」さんです!

http://www.maboroshi-ch.com/rep/bar_01.htm


専門学校でお会いした鯨晴久さん、長野聖樹さんのお二方を誘って、三人でJR赤羽駅で降りてみました。
お店は、駅から徒歩三分ほどにある、とのこと。
少しうろつくと……あるアーケードが見えてきました。

その名も、「OK横丁」!

kodo24


見た瞬間、みんなで「おお!」とちょっと感動してしまいました。

というのもこのOK横丁は、きちんと漫画にも出てくるのです。少し形が違いますが、ネオンの煌めくその文字はほんとにそっくり!

この近くに違いない! とうろつけば……あった、ありましたよ! 「鯉とうなぎのまるます家」の看板が!!


kodo23


うわあ……ここです。ここなのです!

店内に入ると、すでに人でいっぱいです。
が、たまたま奥の席が空いており、三人ちょうど座ることができました。

この辺りの顛末は、長野さんが9月22日の日記に詳しく書かれています。
http://lfhtnet.sblo.jp/archives/20070922-1.html


いやあ、それにしても……つくづく漫画と同じで、びっくりさせられましたよう。


kodo22


店内にはびっしりとお品書きが貼られていました。壮観です!


その中から私が「まわりの活気に煽られて」注文したのは、もちろん漫画の主人公、ゴローちゃんが頼んでいた品々ですよ(≧▽≦)

kodo20


kodo21


鰻丼(肝吸い、おしんこ付き)、生ゆば刺し(京都風)、岩のり(のりのつくだ煮)の三つです。


……劇中では他にいくらどぶ漬けがあったのですが、残念ながら現在は取り扱っていないようです。なので以上三品、ということに。

もちろん三人で行ったので、他にも一品料理をいくつか頼んで食べましたよ。


これがもう、どれもおいしいのです! ビールも安い!

鰻丼はこってりとしていて、つい「脂が乗ってる……こりゃあいいうなぎだ」とか、劇中どおりの感想を思い浮かべたり。

また、「米が重たそう」という漫画内の評価もぴったり当てはまります。ご飯がずしん、とくるんですよね。もう鰻丼だけでお腹一杯ですよ~。

生ゆば刺しもおいしいんですよ。やっぱりゴローちゃんのように、
「うまい。京都を思い出すな」
とか言ってしまいそうになります。
や、私、京都でゆばを食べたことないんですけどね……?( ̄ー ̄


そして岩のりは……やはり劇中同様、ボリュームたっぷりですよ。

漫画では、「うう、もう食えない」とゴローちゃんは岩のりを残して店を出ます。
私も、いくらどぶ漬けがあったら、たぶん残していたかもしれません。どうにか食べきりましたが。
いや、やっぱりご飯を食べ残すのは、つくってくれた人に申し訳ないじゃないですか!



しかし、これだけお腹一杯食べてお酒まで飲んだのに、結局三人で5400円ですよ?
一人あたり1800円って……や、安うー!?



このまるます家さん、朝は早くから開いてるものの、夜は九時半で閉まるそうです。でも朝から飲めるのは、私のようなある程度時間に融通が利く人間にはいいですね!

このお店のことは、あざの耕平さんもご存じだったようです。
うーん、さすがです!
おいしいし量もあるし安いしと、三拍子揃ったいい飲み屋さんでした!
またぜひ行ってみたいですね!


……まあ、女の子が一人で行くようなお店ではないですが(゜_゜;






さて、そんな感じで、グルメツアーの目玉を堪能してしまいました。

ですが、このツアーはまだまだ続きますよ!
お楽しみに~☆

「孤独のグルメ」ツアーその1!

さて、ではお約束どおり、「孤独のグルメ」ツアーの写真を披露していこうかと!

そして「その1」と銘打っているように、小出しに行きます。や、そのかわりしばらくは毎日更新していきますよ~。



最初に立ち寄ることとなったのは、漫画「孤独のグルメ」第二話に収録されている、回転寿司のお店です。

劇中では「天国寿司」となっていますが、実際には「天下寿司」のことのようです。

http://www.tenkazushi.co.jp/

一皿130円というお手ごろ価格が売りのお店ですね。

ここの吉祥寺店がモデルになっているようです(゜∇゜)



ただし、私が行ったのは渋谷店の方でした。
チェーン店なので味はかわらないのですが、実はちょっと吉祥寺まで行く余裕がなかったんですよね。

行ったのは、上京初日の麻雀大会直前です。
私はお昼にお蕎麦を食べていたのですが、落ち合った鯨晴久さんの昼食がまだだったので、道すがらの天下寿司渋谷店で軽くつまむこととなったのです。


kodo30


……漫画では、マグロ、イカ、エビ、ネギトロ、アナゴ、イワシ、タマゴ、大トロ×2、ウニ、アワビ、と全部で十一皿を食べるのですが、さすがにお腹にお蕎麦が入っている状態では、そこまで再現することはできません;

なので、おいしそうなところを適当に食べてみたりー(o^-^o)

個人的に、ヅケマグロがおいしかったですね!
口に含むと、ふわっと醤油の香りが広がるのです。ふりかけられた白ごまも香ばしさを演出します。

それと、タマゴも甘くてなかなかでしたよ☆
〆にはぴったりの一品ですね。



kodo29


もちろん漫画で注文していた、大トロはバッチリ食べてきましたよ!
そういえば、お皿にご飯粒がつくのが気になりましたが、妙にぽろぽろ崩れやすかったんですよね。やわらかく握っているからかしら? 写真が汚くてゴメンナサイ!

また、大トロのお皿の色が違うのは、サービスタイム外だったので、260円だったからです。うーん、ちょっと残念。


あ、しまった! 劇中でやっていた、「大トロ二枚」という頼み方を忘れてた!(←その前にお腹一杯です



kodo28


「注文時は大きめの声で~」
という主旨のシールが貼られていたので、カメラでパシャリと!

漫画では主人公が、なかなか注文を聞き取ってもらえず、
「いかんな、タイミングがズレてる」
と辟易するシーンがあるのです。ほんとに注意書きがあったので、思わず嬉しくなりましたよ(*´∇`*)

また、漫画同様湯飲みに店名が入っているんですよね。



グルメツアーをしてわかったことですが、漫画は実在のお店をかなり忠実に描いているようです。
……というようなことを、これから行くお店の先々で感じるわけですが。
そのことはまた次回ということで!ノシ

東京から帰ってきましたよ。

「孤独のグルメ」ツアーをやってくる!
と思い立ち、急遽予定を立てて上京したわけですが、無事に帰還いたしました。

そして思いの外、充実した上京になりましたよ。
予定していたお店のほとんどを回ることができたのです!


まあその「孤独のグルメ」ツアーに関しては、またぼちぼちここでアップしますね。写真をちゃんと撮ってきたので!



とりあえず……上京初日のお話でも。
この日は、翌日の専門学校の講義のための移動日、ということで、十一時頃には品川駅に到着しました。

昼間から、ご無沙汰している作家仲間さんたちと集まっての、麻雀の予定があったのです。


麻雀大会は、いろいろ楽しかったですよ!(^∇^)
徹夜明けのまま始発の電車に飛び乗ってやってきたため、私は「気が付けば手牌が明らかに16個はある」という状態になっていて、チョンボをかましたりしましたが。
……いや、牌をとってくる間に睡魔で意識が途切れたようで、多めに持っちゃったのですようorz

この辺り、麻雀わからない人はごめんなさい。麻雀で自分が手にする牌の数は、通常多くても14個なのです。
増えていたときには、ほんとにびっくりしましたよう。

「ここをこうして、こっちをこうして……あれ? なんか、多くない?」

という、コントのような状態でした。てへー。



そんなこんなの麻雀大会は、ボロ負けしましたよ!
優勝したのは、ダンディあざの耕平さんです。
副賞に、と私が新大阪駅のお土産コーナーで買ってきた、お好み焼きセットをゲットして帰られました。


「ひびきさんの副賞はいつもうさんくさいのに、今日はまともだ!」
……なんてことをみんなに言われましたが、あの、今回は私も参加しますので。私が勝った場合、普通に自分で持って帰りたいものをですねムニャムニャ。

いやー、これまではなかなか参加できず、変な旅行土産などを副賞として郵送していたのです。ははは。





それはそうと、みなさん。ここで重大発表が。


……風見周さん(しうさん)が、ダイエットに成功して、ジャニーズ系のイケメンに変身しておりましたよ!!(*^▽^*)


や、もう。声を大にして言っちゃいます。
しうさんのファンの女の子は、アタックかけていいと思います!

あまりのイケメンぶりに、思わず写真まで撮ってしまいましたよー。
いえ、さすがにブログには載せませんが……超さわやかで、美青年ぶりを発揮しておりました。

それでいてトークも面白いのだから、どこまで完璧超人なのでしょうか!

……ちょっと話を聞いたところ、朝五時には起床して、運動をしているようです。毎日欠かさず。


ああ、なるほど。それがダイエット成功の秘密ですか……。
わ、私には無理です!

というか……二キロも増えて東京から帰ってきましたよ? ウフフ。
ええ、ええ。グルメツアーの影響ですよ(T曲T)





そうそう。品川駅に到着してから集合時間まで少し時間があったので、お昼はこんなところにちょっと足を伸ばしてきました。

http://r.gnavi.co.jp/g492015/


東京は青山一丁目駅と繋がったビル内にある、お蕎麦屋さん「くろ麦」です!

注文したのは、お店のオススメらしい「三色そば」です。

kodo32


三種類のお蕎麦は、どれも噛み締めると「くんっ、くんっ」という心地よい歯ごたえがあり、風味も豊かでおいしかったですよ~☆

それもそのはず。どうやら全て手打ちで、ゆでたてなんですよね。
みんなと落ち合う時間が迫っていたために、十一時半に入って、十五分ほどで食べ終えて出てきてしまいましたが、またぜひ腰を落ち着けて、天ざるなどを味わってみたいですね。


いやー、このお店は「孤独のグルメ」とはまったく関係ないのですが、
「独りでお店に入り、食事を楽しむ」
という点では、共通するかもしれません。


ご近所にお住まいの方は、足を運んでみてくださいね。
ほんと、おいしかったです!!

kodo31

ごちそうさまでした♪



そして、この後からいろんな合間を縫って、私の「孤独のグルメ」ツアーが敢行されるのでした!

つづく~(ノ^▽^)ノ

計画を立ててみる。

今週末、専門学校での説明会があるので、木曜日から上京いたします。

……説明会は土曜日なのですが、実は金曜日には朝から在校生向けの講義も頼まれているのです。
そして私が住んでるところ(地方)からは、朝一の電車を使って新幹線に飛び乗っても、午前中に東京に着くのはちょっと厳しかったりします。ましてや十一時からの講義には間に合いません。

というわけで一日早い、木曜日に出発するわけです。

そして上京ついでに、ご無沙汰している作家さん方や、知人に会ってこようと思っていたり。


さらに、とあることを思いついて、上京中のスケジュールを立ててみました( ̄ー ̄)


みなさん、「孤独のグルメ」という本はご存じでしょうか?

孤独のグルメ (扶桑社文庫) 孤独のグルメ (扶桑社文庫)
久住 昌之、谷口 ジロー 他 (2000/02)
扶桑社

この商品の詳細を見る


私が大好きな漫画のひとつです。


別に萌えがあるわけでも、アクションが派手なわけでもありません。
主人公である井之頭五郎が、いろんなところに出歩いて、一人で食事を楽しむ、というだけのお話です。

が、これがとても味わい深い話になっているのです。

それに、その食べているものがとてもおいしそうなのです!(゜∇゜)



漫画に登場するお店は、ちゃんと実在していたりします。
http://masan.sakura.ne.jp/htm/kodoku.htm

↑詳しくは、こちらのサイトをご覧になるとわかるかとー。

そのお店のほとんどが東京にあります。



なので。
東京にいる間、一人になっちゃうときもあるので、せっかくだから「孤独のグルメ」で紹介されたB級グルメをいくつか制覇しにいこうかと思っております!



今日いきなり思い立ったので、慌てて詳しい場所を調べたりして、けっこう大変でした。ははは。

でも、そういうのも旅の醍醐味だと思うのです。
携帯電話のカメラで写真を撮ってくるつもりですので、またブログにアップしますね。お楽しみに☆




……で、なぜか一軒目に、本には載っていないお蕎麦屋さんがチェックされていたり。

いや、お蕎麦好きなんですようー。てへ(*´∇`*)

スタジオ・ハーフ・アイさん。

スタジオ・ハーフ・アイ、という名前を聞いたことはあるでしょうか。
実は知る人ぞ知る、「完全変形」にこだわったガレージキットを製作するメーカーさんなのです。

http://halfeye.m78.com/


で、ついにその新作、完全変形「ダンクーガノヴァ」ができあがったようですよ!

http://halfeye.m78.com/himiken/t-ken/t070913.html


予価84000円だそうです。おおお、高い!Σ(゜□゜;)

でも、四体分のお値段だと思えば、こんなものなのかもしれません。
それに昔よりも、CAD設計を導入したおかげか、安くなったと思いますよ。
完全変形「グルンガスト」は四万円台で買えますし。

http://halfeye.m78.com/products/grungust/grungust.html




ちなみに私はデビュー時に、初めての印税でこんなものを買いましたよ。

http://halfeye.m78.com/products/gfg/gfg/gfg.html

完全変形「ガオファイガー」です。
単体で六万円を越えるアイテムなのです!
欲しかったけど、デビューするまでは貧乏学生だったので、買えなかったんですよね('-'*)

もともとガオガイガーが好きだったので、完全変形版の情報が毎週アップされるたびに、どきどきしながら発売を待っていたのです。
http://halfeye.m78.com/products/gfg/wgfg/wgfg_0210.html

↑このように、HP上で毎週製作風景が載せられていたのですよー。




で、結局気が付けば、いつしかこんなものまで買っていたり……。

http://halfeye.m78.com/products/gldy/gldy.html
http://halfeye.m78.com/products/gunbuster/gbuster.html


や、スタジオ・ハーフ・アイさんの製品はアイデア満載のすばらしいアイテムなのです!
ガレージキットということで、普通の玩具とはちょっと違い、取り扱いには気を遣いますが。まあそこは慎重に触れば、いきなり壊れたりすることもありませんし。
いじってみて初めてわかることですが、強度にもけっこう気を配って設計されているようですよ。



そのスタジオ・ハーフ・アイさんの新作、ダンクーガノヴァ。……私はアニメ版を観てないのですが、ギミック次第では買ってしまうかも……!
いや、再販された超合金魂版ダンクーガを持ってるので、けっこうそっちだけで満足してはいるのですが。

超合金魂 GX-13 超獣機神ダンクーガ 超合金魂 GX-13 超獣機神ダンクーガ
(2006/10/28)
バンダイ

この商品の詳細を見る




しばらくしたらその変形ギミックがHP上や模型雑誌などで明らかになるでしょう。期待大ですね!(≧▽≦)/





……でも本当は、長谷川裕一さんのコミック版ダンクーガの、完全変形アイテムが欲しいなあ……。

超獣機神ダンクーガBURN (1) 超獣機神ダンクーガBURN (1)
長谷川 裕一 (1998/09)
角川書店

この商品の詳細を見る

発売されたようですよ。

以前お伝えした「ライトノベル作家のつくりかた」という本が、そろそろ書店に並んだようです。


ライトノベル作家のつくりかた―実践!ライトノベル創作講座 ライトノベル作家のつくりかた―実践!ライトノベル創作講座
浅尾 典彦、ライトノベル研究会 他 (2007/09)
青心社

この商品の詳細を見る


興味のある方はどうぞ買ってみてくださいね。
たぶん、みなさんあまり甘いことは書いてないと思いますが(;´ -`)

いや、この業界、好きでなければやっていけないのですようー。

クラシック版バンブルビー。

仕事の合間(?)に、押入からクラシック版のバンブルビーを発掘してきましたよー。
簡単に写真を撮ったので、紹介してみたり。


c-ban01


黄色い車と、ジェットスキーを載せた台車のセットです。

c-ban02


残念ながらワーゲンではないのですが、なかなかまるっこくて、それでいてエアロ仕様バリバリの、カッコカワイイ車になっていますよ。


c-ban03


車内には、一応シートも再現!
芸が細かいですね(゜∇゜)




そして、変形!

c-ban04


まずは左右のドアを引き出します。
その後、ばこっと車の屋根部分を開きます。

c-ban05


c-ban06


で、膝や背中を伸ばした後で屋根を元に戻すと、だいたい完成です。

c-ban07



変形パターンはそう難しくはないですね。
対象年齢は五歳以上、ということになっています。


このクラシック版は通常、日本では買えないのですが……これだけデキがいいオモチャで遊べるアメリカ人の子供がちょっとうらやましいですよ!(´口`)

顔なんて、アニメ版のバンブルとそっくりです!

c-ban08


全体的な塗装もきれいなんですよね。
胸にはお約束の、温度でマークが浮かび上がるシールまであります!



それから、付属しているジェットスキーですが。

c-ban09


ジェットスキー自体を台車から外すことはできないのですが、このように変形します。


c-ban10


c-ban11




で、バンブルの背中に装着すると、飛行モードに!

c-ban12


台車のタイヤがファン状にデザインされているので、エンジンっぽく見えるようになっています。


c-ban13


後ろから見ると、こんな感じです。
けっこうウィング部分が大きく見えますね。

これで武器でもついていればなあ、と思うのは贅沢かしら?



c-ban14


というわけで、クラシック版バンブルビーでした!

タイタニウムシリーズが映画効果で一般販売されるようになったのだから、こっちもぜひ手軽に買えるようになって欲しいものです('-'*)

や、ほんとにいいものだと思うので!

タイタニウム。

映画版トランスフォーマーがヒットしてる昨今ですが、トイザらスでタイタニウムシリーズを見つけて、びっくりした私がいますよ。


……たぶんほとんどの人がわからないと思うので説明しますが、トランスフォーマーは、様々なシリーズで売り出されているオモチャなのです。
キャラクター名は一緒でも、シリーズが違えばデザインも変形ギミックも異なりますし、それがまた面白いところでもあるのです。奥が深い玩具なのですよー。



で、なぜ私が、タイタニウムというシリーズを見かけて、そんなに驚いたのかと言いますと。

このシリーズ、本来はアメリカで展開されているもので、日本では輸入ショップくらいでしか買えない代物なんですよね。

http://www.monster-japan.co.jp/items/transformers/titanium/titanium_page.html

↑紹介がてらに、通販してくれる輸入ショップ「モンスタージャパン」さんのページを貼ってみたり。



トイザらスでは、たまーにこうして、アメリカでしか販売されていないアイテムを仕入れることがあるんです。今回もきっとそうなんでしょう。

でも、見かけて「なにー!」とか思うのは、私みたいなマニアくらいなんでしょうねえ(゜m゜;)



ちなみに、驚きはしたものの、結局買わずにトイザらスを出てしまいました。
いや……実はタイタニウムシリーズは、アイテムのラインナップこそ魅力なものの、「変形アイテム」としては、ちょっとイマイチなシリーズなのです。
変形が安直だったり、関節がもう一工夫すればきれいに収まるのに、変な位置についていたり、と。


コレクターの人なら「こんな機会はないぞ!」とばかりに即ゲットなのでしょうが、私は「プレイヤー」タイプのマニアなので……つまり、その。いじって楽しんでなんぼ、なので、タイタニウムはちょっとスルーなわけです。



まあかわりに、
http://www.monster-japan.co.jp/items/transformers/classic/classic_deluxe/classic_deluxe_page.html
http://www.monster-japan.co.jp/items/transformers/classic/classic_voyager/classic_voyager_page.html

同じく輸入ショップでしか買えない、クラシックというシリーズは、いくつか持ってるんですけどね。てへー(≧▽≦)


クラシックシリーズは超オススメの玩具ですよ!
変形はかっちりしてますし、なによりカッコイイのです!
映画でも主役メカになっているバンブルビーが、とにかくかわいい!
初期のアニメ版をモチーフにデザインされている感じですね。

また機会があれば、紹介したいと思っていますノシ





ところで、バンブルビーと言えば。
例の、アルティメット版を買ってしまいましたよ……!
トランスフォーマー アルティメイト バンブルビー トランスフォーマー アルティメイト バンブルビー
(2007/08/30)
トミーダイレクト

この商品の詳細を見る


ただしあまりにも大きすぎて、いつも使用している白バックのブースに収まりません!(T▽T)
30センチオーバーって、なに!?


電動で、歌って踊ってくれるのはいいのですが……さて、どうやって写真に撮ったらいいのやらー。とほほ。