「武装神姫~」執筆時のお話。

今日発売された、「武装神姫 always together」について少しだけ書こうと思います。書ける範囲で。

ネタバレはしない方向なのですが、「読んでからにしたい」という人は、とりあえずスルーしてくださいね。


















……これだけ行を空ければいいかな?

ええと、まずどういうストーリーかと言いますと、
「okamaさんデザインの神姫を中心にした、日常生活がメインのお話」
というものです。


これはあとがきにも書いたのですが、
「武装神姫はゲームでもコミックでも、バトルがメインになっています。でも小説版では、神姫と所有するオーナーとの、日常生活を書いて欲しいのです」
とのオーダーがあったからです。

それに加えて、「最後はちょっといい話に」とも言われました。
なので……小説のラストは、けっこう泣ける感じになっています。がんばりました!



実は以前にもノベライズの仕事を引き受けたことがあり、そのときにも、
「原作が好きな人を裏切るような話をつくっちゃいけない」
と肝に銘じて、いろいろ気を遣って執筆にあたるようになりました。

コナミさんからいくつか資料をいただいたのですが、自分でもネットを駆使して神姫好きの人たちの嗜好をチェックしたり、電撃ホビーマガジンさんで連載されているコミックなどを参考にさせていただいたりしました。

「武装神姫」という作品の持ち味は、きっちりと固まっていない設定にあります。隙間を作り手が、比較的自由に埋められるのです。
ですが、他のコミックやゲームと、齟齬をきたしては意味がないと思いました。
なのでなるべく、矛盾点が出ないように、未来の玩具というリアルさも出しながら、執筆したわけです。


ちょっと裏話になりますが、
私「ところで、神姫の飛行システムはどうなっているのですか?」
先方「ああ、それは……フシギ設定です」
と言われて、頭を抱えたことも(;゜∇゜)

いや、まあ。そういった部分をどうにかすることが、私の役目というわけでした。




ところでこの本で登場する神姫は、

・種型ジュビジーのカレン
・花型ジルダリアのマーガレット
・悪魔型ストラーフの黒姫(くろひめ)
・侍型紅緒の菊之進(きくのしん)
・猫型マオチャオのミャウ
・砲台型フォートブラッグのエミー
・セイレーン型エウクランテのバード

の七体がメインになっております。
本の口絵(カラーの部分)に載っているので、すぐに確認できるかと。


これは私のクセなのですが、各キャラの名前は、その名付け親の気持ちになってつけています。
この場合、主人公である高校生、小田知秋(おだともあき)くんですね。
で、彼の場合、そんなに難しい名前はつけないんじゃないかと(o^-^o)

それにここは一番大事なところなのですが、七体もキャラが一度に出てくるため、名前を見ただけで、どれがどれだか判別しやすいようにしています。
ミャウ(猫)とかバード(鳥)とか、その典型ですね。

エミーは、「アーミー」「エネミー」とか、そういうところから取っています。軍人っぽい雰囲気というのかしら?




ところで七体の神姫が登場、と書きましたが、もちろん他の神姫も登場しています。
というか、今回のノベライズ本でこだわったのが、既存の神姫の名前を全部登場させる、という点でした。


本当は、全員に活躍の場があればよかったのですが……ストーリーの展開や枚数の都合上、ちょっとできませんでした。
かわりに、八月発売になる第六弾の神姫の名前まで出させています。これはもう、ある種の意地です('-'*)
やはりファンの人からしてみれば、発売されている神姫が全部どこかに出ていた方が、にやりとさせられるのではー、と思っただけなのですが。

……会話文の中で、名前しか出てないのもいますけど。うう、ごめんなさい(;>_<;)




えーと。
話せる部分としては、ざっとこんなところでしょうか。

中身のネタバレはしてませんね。よかったよかった。
またなにかご質問があれば、コメント欄にでも書いてくださると、書ける範囲でお答えしようと思いますm(_ _)m




おっと、そうそう。最後に一つだけ。

小説版の時代は、2041年に設定されています。
これは公式設定で、種型ジュビジーが2037年製で……ストーリーの都合上、そこから三年半くらい後を舞台にさせていただいたからです。


本来は2036年が舞台になるはずだったのですが、設定にズレができないようにすると、このようになってしまいました。
ご了承くださいませ~。

まあ読んでて、気になる部分ではないと思いますが、一応ノシ





それにしても、仕事を引き受けてから初めて知ったのですが、フィギュア第一号の天使型アーンヴァルは、設定上12番目の神姫なんですね。
1~11の神姫はどんなタイプなんでしょう。
もしかしたらケータイ版コミックの、オリジナル神姫なのかしら。
スポンサーサイト

明日発売です!

コナミさんの「武装神姫」公式HPでも、ちょこっと宣伝されたようです。
http://www.shinki-net.konami.jp/journal/27_book.html
※下の方です。


発売日は明日ですが、早売りの書店などにはもう並んでいるようですね。
「近くの本屋に行ったけど取り扱わないみたい」という人は、
http://www.konamistyle.jp/ecitem/item40768.html
こちらから送料無料で購入できるようです。



また、ようやくアマゾンにも情報があがりました。

武装神姫always together (KONAMI NOVELS 19) 武装神姫always together (KONAMI NOVELS 19)
ひびき 遊 (2007/07)
コナミデジタルエンタテインメント

この商品の詳細を見る




さて、明日以降にネタバレになりすぎない範囲で、執筆時の話などを書こうかしらと考えています。よろしくです(*^▽^*)

「武装神姫 always together」

さて、今月発売される本の告知です。


http://www.4gamer.net/news.php?url=/news/history/2007.07/20070712223715detail.html

コナミさんがオモチャで発売している「武装神姫」というシリーズの、ノベライズをやらせていただきました!
15センチサイズの少女型ロボットを主人公にしたお話です。

「武装神姫」公式HPはこちら→http://www.busou.konami.jp/


挿絵をあのokamaさんが担当してくださることになり、様々なデザイナーさんが関わってつくっている神姫の中から、okamaさんデザインの「種型ジュビジー」にスポットを当てて書いています。
同じく、okamaさんデザインの「花型ジルダリア」も登場しますよ~。


http://www.konamistyle.jp/ecitem/item40768.html


もちろんノベライズということなので、設定やストーリーについてコナミさんの監修を受けています。
ですが、オモチャが原作ということで、「武装神姫」には明確なストーリーがありません。キャラクターの性格も決まっていません。

なので、かなり自由に書かせていただきました。
自信作ですよ。お楽しみに!



ただし中身についての詳しい話は、ネタバレになっちゃうので、発売後にちょこちょこ書こうかな、と思っております(゜▽゜*)

あ、発売日は27日です。
文庫ではなく、少し大きめの新書というサイズです。

武装神姫ファンの人でも、ファンでない人でも楽しめるよう書いたつもりです。
よろしくお願いしますね!( ̄▽ ̄)

ミュージックレーベル。

八月公開の映画が待ち遠しいトランスフォーマーから、このようなシリーズが発売されました。
いえ、映画とは関係ないアイテムなんですけどね。


詳しくは下のリンク先を参照してくださいね。
http://www.takaratomy.co.jp/products/TF/products/music.html


このうち、オーディオプレイヤーの「サウンドウェーブ(ソニックホワイト)」と、イヤホンの「フレンジー&ランブル」を購入しましたよ~。
変形アイテムながらも、きちんとmp3プレイヤー、イヤホンとして使える代物です!

sound-15


箱はこんな感じで、なかなか渋いです。



まずはイヤホンの方から紹介☆(≧▽≦)

sound-14


箱はぱかっと開いて中が見える仕様です。
左右のイヤホンが、各々フレンジーとランブルに変形するわけです。


sound-3



sound-1


小さいけどちゃんと肘も膝も動きますよ。
カカトが出るので、意外にしっかり立たせられます。
どうやらバランスをとれば、片足立ち(!)も可能なようです。

ただ、両腕の変形はちょっとやりにくいですね。クリアランスが狭いので。



sound-2


コードは、銀色のマーク部分を押すと巻き取られます。




さて、続いてオーディオプレイヤーのサウンドウェーブを紹介です!

「ソニックホワイト」と「スパークブルー」の二種類があり、スパークブルーは劇中のサウンドウェーブと同じ塗装が施されているものです。
でも私はあえて、白い方を買いました。
……イヤホンは白しかないので、それに合わせてみたんですよね。


sound-13


箱はイヤホンと同じく、蓋が開きます。


sound-10


白さが美しいと思うのです!
オーディオ時はかっちりとして、パーツが外れたりしないようになっています。持ち歩くことを前提にしたつくりですね。


sound-5


ボタンひとつで前面のカバーが開きます。
ここにminiSDカードを差し込むことで、音楽が聴けます。

……でも私、カードを持ってないので宝の持ち腐れ状態ですo(T□T)o
さっそく買ってこなければ……!

ところでminiSDカードは、1GB以上のものが使用不可だそうです。確か、データの圧縮方法が1GB以上になると変更されているようですね。そのせいでしょうか。


sound-11


別売りのフレンジー&ランブルを買わなくても、最初から白いイヤホンがついています。これはありがたいですね。



sound-12


バッテリー式ではなく、単四電池一本で動きます。蓋はネジ式で、ちょっとやそっとでは外れないようになっています。

バッテリーでないのは不便そうですが、キャラクター商品なので仕方ないですかね。
こうなったらエネループでも買おうかしら。

SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BP SANYO eneloop ニッケル水素電池 単4形 4本パック HR-4UTG-4BP
(2006/01/31)
三洋電機

この商品の詳細を見る





そして、変形するとこんな感じです!

sound-7


白一色から、ところどころに青色が追加された人型に。
変形システムは単純なのですが、肩のギミックが効果的です。


sound-8


このように胴体とくっついてきれいなラインをつくっているのですが、

sound-9


前にせり出すと同時に、肩が「いかる」ようになっています。
ロボットとしての見栄えを考慮したギミックですね。



sound-6


武器もいくつかついています。
フル装備するとこのように。

手足の可動はなかなかですね。



TRANSFORMERS MUSIC LABEL SOUNDWAVE playing audio player (ソニックホワイト) TRANSFORMERS MUSIC LABEL SOUNDWAVE playing audio player (ソニックホワイト)
(2007/07/20)
タカラトミー

この商品の詳細を見る



ちょっとお高いのですが、こういう商品はなかなか出ないと思うので、買ってみてもいいのではないでしょうか(*´ -`)






……それにしても初めて写真を多用して玩具レビューをやってみましたが、けっこう大変なもんですねえ。いやはや。

ファンレター。

st


ファンレターで、このようなかわいらしいストラップをいただきました。ありがとうございました!

こういうことはほんっとに嬉しいです。
さっそくケータイにつけようかしら、と思ったものの、汚してしまうと私が凹むので、大事にとっておくことにします。
いや……すぐ汚すんですよ、ストラップ……。

今はフロッグスタイルコレクション~BIRTH STONE Ver.~というのをつけているのですが、気が付けばよどんだ色に(T_T)

http://frogstyle.channel.or.jp/neco_item/item/4543112454409000.html


写真で撮ってお見せするのもはばかれるくらいの汚れっぷりです。
乱暴に扱っているわけではないのですが。うーん。


それはそうと、そういえば最近ファンレターの返事を出しておりません。申し訳ないです。
ちょっといろいろあって本が出せていないため、お知らせする情報もなく、滞っている次第です。
とりあえず今月中にはまとめて葉書をお出しする予定です!

というのも、今月、ようやく今年一冊目の本が出るのです。

えーと、その情報は……また次回にでも、ということで~m(_ _)m







と、このように読者のみなさんとの交流の場にできればなー、と思ってブログを始めたのでしたノシ


……ところで、ファンレターは編集部を経由するため、数がまとまってからこちらに送られてくるというシステムになっています。
ええと……このストラップ入りのお手紙、去年の八月のじゃないですか!Σ(゜ロ゜;

ああもう、申し訳ない限りですorz

初ブログ。

急に思い立って、ブログを始めてしまいました。
……けっこう設定とか、面倒臭いものですねえ。
最初はアニメ絵の背景でうっかりつくってしまったのですが、あまりにもアレだったので(´A`)、こんな感じにしちゃいました。

そしてプロフィール画像に、シャアザクさんを使ってみたり。
正座姿がかわいいと思うのです! うん!


1/100 MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0 1/100 MG MS-06S シャア専用ザク Ver.2.0
(2007/05/27)
バンダイ
この商品の詳細を見る



それにしてもマスターグレードのシャア専用ザクver.2.0は、すごい完成度でした!
ver.1.0が発売されたのは、今から十年以上前でしょうか。出始めの頃に購入し、組み上げた記憶があります。
そのver.1.0を踏まえてつくられているため、ほんとに素晴らしいデキになっていますね。
パーツの隙間がほとんどないのは、バンダイさんの技術の進歩だと思います。

ただ、内部フレームの完全再現と共に、パーツ数が増えているような気がします。
ちょっと小耳に挟んだのですが、最近ガンプラがつくれない子供が増えているようです。

いや……私が子供の頃も、そんなに多くはなかったと思いますが(^^;)

でも、これだけパーツが細かくて多いと、確かに子供が気軽に手を出せないかもしれませんね。
ちなみに私は半日潰して組み上げたのですが……普通は二、三日にわけてゆっくり組むのがいいと思います。やたらと疲れましたので。ははは。






なんかシャアザクの話ばかりになってしまいましたが、そのうちちゃんとお仕事情報も書く予定ですよ?
そして執筆時の裏話なども書けたらなあ、とは思っています。書ける範囲で、ですが。

まあぼちぼちこんな感じでやっていきます。よろしくです。